ホクト59

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

2016年もありがとうございました。

2016/12/31(Sat) 20:52
2016年も残り数時間ですね。

今年もありがとうございました。

自分達としては、公私ともに変化の多い一年となりました。
皆さまはどんな365日だったでしょうか。

どうぞよいお年をお迎え下さい。









諸事情により新年のご挨拶は控えさせていただきます。
スポンサーサイト
未分類 コメント:- トラックバック:0

2016/10/18(Tue) 23:04
まほーばの森で開催された上野村フェスティバル。
今年はあいにくの雨で、

_MG_2071.jpg

”あいにくの雨”というキーワードを禁句にした。


_MG_2052.jpg
地面がぐちゃぐちゃで大変だったと思います。
足元の悪い中お越しいただきありがとうございます。

その後雨が1週間降り続き、予定していたダイニングテーブルの組み立ては先延ばし。

まず取り掛かったのが釣り銭トレーの手直し。

IMG_6501.jpg

予定ではフェスティバル中にお渡しする約束でしたが
当日の朝確認するとちょっと納得いかないところがあり、時間をもらって直させていただきました。

その後雨の影響でオイル塗装が乾かなくて大変な思いをしました。

程よく降ってほしいものです。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ホクト59HP ▶︎ hokuto59.com
#ダイニングセット #椅子 #北欧家具 #群馬 #テーブル #無垢 #オーダー家具 #木製

/////お知らせ/////
▶︎ 年内最後の出展:9月17〜19日創造の森上野村フェスティバル 
▶︎ 年内の家具及び小物のオーダーは終了とさせていただきました。
  ご注文くださった皆様ありがとうございました。納品までしばらくお待ち下さい。

※ mogu cup及びキッチンツールは、お取扱店にてお求めいただけます。
  納品の際にはあたらめてHP及びblogにてお知らせいたします。 
  よろしくお願いします。
未分類 コメント:- トラックバック:0

個性の印:キャラクターマーク / 17-19日は上野村フェスティバル。

2016/09/17(Sat) 01:10
_MG_1786 (1)

今回のmogu cupは胡桃です。

とてもとても素敵な胡桃でした。


さて、人間を含め生き物にはそれぞれ個性あります。
ホクロ大小に数、骨骼、肌の色、目に見える個性、見えない個性いろいろあります。

無垢材にもいろいろ個性の印があります。(見える個性の方です。)
同じ木でも繊細で表情のない部分と個性の強い部分が混在しています。

ある一部の個性の印は、材木的には「欠点」と言われてしまいます。
一方で、美しいと判断されれば、「利点」とも言われます。
それは我々人間が材木を扱う上で設けた基準からみた場合の人の都合の話です。

木からしたら何言ってんだ?という実にアホらしい視点かもしれませんね。

自分たちは、個性の印の「欠点」と見なされることの多い印を「魅力」という捉え方に変えることも
大切だと思っています。

ただし活かすためには、少しの手間を加えます。これが不可欠です。
そして商品として完成させます。
もちろん、手間をかけない方が楽ですが、こんな美しい胡桃だもの。
できるだけ、形に残したい。今回もそう思って作業をしました。


今回はそんな個性の印について少し紹介します。

ちなみに、個性の印は、キャラクターマークと言われたりもするようです。


_MG_1795.jpg

まず、向かって左側のキャラクターマーク。
「バークポケット」:入皮 
樹木の成長過程で樹皮に傷などつきます。
傷の部分の成長だけが止まってしまい、周囲の成長に巻きこまれ木の内部に亀裂のような跡が残ってしまいます。
成長とともに樹皮が覆いかぶさり亀裂をふさいでしまうと、一番外側の皮からは確認できない場合も多く、
その場合は、丸太を製材して初めてわかるわけですが、
製材をするとその木の人生の歩みをほんの少しだけ知るとこができるような気がして親近感がわきます。
動物に傷をつけられたのかな。などと想像したりして・・・
より一層、大切に使いたいと思うのです。




_MG_1805 (1)



次に、右側のキャラクターマーク。
「スパイクノット」:流れ節
柾目面によくみられる節のことです。(柾目:丸太を中心に向かって挽いた時の年輪が平行な木目の状態のことです。)
節は樹木の成長過程で木の内部に枝巻き込まれてしまったものを指します。
ただし、節は丸く見える以外にも違う見え方があるようです。

いわゆる「傷」に思われているかたも少なくないかもしれません。
想像してください。一本の木が立っています。
木の内部から外側に向かって成長する枝を、輪切り方向と、丸太の中心に向かって垂直方向にパカーンと割って比べてみます。
すると、輪切り方向では輪のように見える節が、垂直方向にカットした断面では細長く見えます。
(想像できましたか?)
枝が細ければ細いほど傷のように見えたり、流れ節の周辺の木目が、枝の成長に引っ張られてゆがみ、
光の加減で凹んで見えたり、照りが出る場合もあります。



他にも個性の印はあるのですが、今日はここまで。

こういったカップも木の個性として魅力として使ってくださる方々もたくさんいらっしゃいます。
でももし、これまで見た目の印象によって、欠陥品と誤解されていた方がいらっしゃいましたら、
選ぶ選ばないは別として、これからは、個性の印:キャラクターマークだったんだね!と思ってあげてください。
そうしたら、木も喜ぶんじゃないかと思うのです。



あぁ、0時が来てしまいました。

今日は...時起き。


パックに詰める前の様子です。

_MG_1885.jpg




毎年、上野村フェスティバルが開催されるまほーばの森へは、
普段インターネットをご利用しないお客様が多くお出かけくださるイベントでもあります。
遠く上野村までお出かけくださる皆様に、お好みの木目を選んでいただきたいと思って準備をしました。


あら1時...


みなさまのお越しをお待ちしております。





//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ホクト59HP ▶︎ hokuto59.com
#ダイニングセット #椅子 #北欧家具 #群馬 #テーブル #無垢 #オーダー家具 #木製

/////お知らせ/////
▶︎ 年内最後の出展:9月17〜19日創造の森上野村フェスティバル 
▶︎ 年内の家具及び小物のオーダーは終了とさせていただきました。
  ご注文くださった皆様ありがとうございました。納品までしばらくお待ち下さい。

※ mogu cup及びキッチンツールは、お取扱店にてお求めいただけます。
  納品の際にはあたらめてHP及びblogにてお知らせいたします。 
  よろしくお願いします。
未分類 コメント:- トラックバック:0

塗装の日

2016/09/12(Mon) 05:37
9月11日。

納品から帰ってきた翌日は生活道具の塗装の日となりました。


_MG_1391.jpg

8月から取り扱いいただいているお店に収める商品を製作。
下地の塗装と磨き、焼印を終えた生活道具たちが、塗装をまだかまだかと待機していました。


深夜作業が続き、休みたいところですが、体を起こして、一気に仕上げの塗装に入ります。


_MG_1386.jpg


仕上げの塗装は塗料の食いつきが大事なので、スピーディーに進めます。


磨く人。


IMG_6301.jpg



塗る人。


IMG_6317.jpg


納品はすべての商品が揃ってからとなるため、まだ先になります。
納品の際には、BLOG、HPにてご案内いたします。

気がつけば、まほーば(創造の森フェスティバル)がすぐそこまで...。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ホクト59HP ▶︎ hokuto59.com
#ダイニングセット #椅子 #北欧家具 #群馬 #テーブル #無垢 #オーダー家具 #木製

/////お知らせ/////
▶︎ 年内最後の出展:9月17〜19日創造の森上野村フェスティバル 
▶︎ 年内の家具及び小物のオーダーは終了とさせていただきました。
  ご注文くださった皆様ありがとうございました。納品までしばらくお待ち下さい。

※ mogu cup及びキッチンツールは、お取扱店にてお求めいただけます。
  納品の際にはあたらめてHP及びblogにてお知らせいたします。 
  よろしくお願いします。
未分類 コメント:- トラックバック:0

テーブルを作っていました。作っています。

2016/09/09(Fri) 23:30
台風が来ては去り、来ては去りの8月9月。

湿度が高くなかなか進まなかったダイニングテーブル製作は佳境。

ご存知の方は少ないかと思いますが、
ホクト59のオリジナルダイニングテーブルは今年の2月にサンプルが完成しました。

加工に加工に加工を重ねて、見た目のすっきり感とスマートさを演出しています。

お客様が天板を見て思うのは天板が薄い!というところかと思います。

段差をつけた加工をしているんですよーと言っても、完成品を見るとイマイチピンと来ないかもしれません。
その段差の様子がこちらです。

IMG_6174.jpg

段差をつけた加工をしている部分=低く落ちている部分に幕板(強度や天板に足を取り付けるための板)がつきます。
まるでテトリスのように取り付けることができるので、見た目にはすっきりとした印象を与えます。

一般的なテーブルでは、一段落とさずに天板の厚みのまま幕板を取り付けます。
すると、天板の厚みに比例して椅子に座った時のテーブルまでの隙間が狭まることや(脚を組む場合に)、
場合によっては希望の肘つきの椅子が入らなかった...といったことも起こります。

IMG_6185.jpg


細やかな計算を尽くしたデザインには、想像以上の加工工程がありました。
こちらが脚の部分だけを組んだところです。
幕板と脚が美しく繋がるよう突起の部分を残した状態の加工はどのようにすれば可能か悩んで考えたそうです。


IMG_6186_2016090919132786d.jpg


幕板と脚が合わさるとこうなります。


IMG_6225 (1)



さらに天板の薄さを強調させすっきりとした表情にするために幕板と脚の加工


IMG_6231 (1)



このように、天板と脚を合わせると天板の薄さが強調されるようになります。

IMG_6241.jpg


ここまでが、天板を薄く見せるためのおおまかな工程です。


さてここから、次の加工が始まります。
天板・脚・幕板が一体化した時に、天板から見た時の幕板と脚の流れが
すっきり美しく見えるよう脚の内側を削る加工が始まるといったわけです......


IMG_6263.jpg

加工後、幕板と脚のつなぎ目を、刃物で整えているところです。



写真を撮っていても、とても追いつかないくらい複雑な工程が重なってテーブルが出来上がるんだと思うと、
身内ながら主人のひたむきな探究心に圧倒されました。
彼を動かすのはたまに聞けるこの口癖...「他の人ができることをするだけじゃ意味がない。」です。
思わず、尊敬...。

数日前には天板、脚のおおまかな加工は終わっていたので、
素人目からすると、後は組み立てと面取りだと思っていたら、甘かった...。


というわけで、テーブルの板を準備した時は製作の様子をblogに載せていこうと思っていたのですが、
気づけばあれよあれよ納品間近となってしまいました。


よし、いい時間。
これから、最後の仕上げに工房へ行ってきます。


みなさんは寝る時間、おやすみなさい〜。



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ホクト59HP ▶︎ hokuto59.com
#ダイニングセット #椅子 #北欧家具 #群馬 #テーブル #無垢 #オーダー家具 #木製

/////お知らせ/////
▶︎ 年内最後の出展:9月17〜19日創造の森上野村フェスティバル 
▶︎ 年内の家具及び小物のオーダーは終了とさせていただきました。
  ご注文くださった皆様ありがとうございました。納品までしばらくお待ち下さい。

※ mogu cup及びキッチンツールは、お取扱店にてお求めいただけます。
  納品の際にはあたらめてHP及びblogにてお知らせいたします。 
  よろしくお願いします。






未分類 コメント:- トラックバック:0
 Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author:      

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。