ホクト59

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

作業台。

2014/05/23(Fri) 23:23
テールバイスの側を組んで仕上げ。
仕上げに未完成でしたが、ショルダーバイスを使って固定してみました。

IMG_1882.jpg

がっちり固定出来て、仕上げる材が動かない事で、これだけ仕事がしやすくなるとは。
もっと早くから使っていたかった。

このバイスに使った金物は、長いのと短いの2タイプ出ていて、長いものを選びました。
使った感じ、短い物でもよかったかな…長過ぎて邪魔な気がします。
短くできるのだっらちょんぎりたいです。

接着をして、テールバイスの出来上がり。

IMG_1893.jpg

このバイスは、ハンドルを回すとハンドルごと動きます。
ショルダーバイスが前後に動くとすると、テールバイスは左右に締め付ける事ができます。

平面を出して、ようやく本体が完成。

一応ベンチドックを作ってみましたが、失敗か。

IMG_1884_20140523192527c78.jpg

ロイター板のような形。
ベロの部分の摩擦で穴から落ちないようにしてあるのですが、擦れる部分が一番下なので、
頭を突っ込みすぎるとスポっと抜け落ちてしまいます。

使えない事もないので使ってみます。

5寸間隔で、ピョコ ピョコ ピョコ ピョコ。

IMG_1898_20140523192527341.jpg

この出っぱりと、テールバイスの出っぱりを利用して、材料を固定して作業をします。

IMG_1899.jpg

まだ、ビスやボルトの穴を埋めていませんが、少し様子をみてから埋めようと思います。

さあ、椅子つくろう。






スポンサーサイト
工具、道具 コメント:0 トラックバック:0

テールバイス。

2014/05/20(Tue) 00:34
今日も作業台。

テールバイスの取り付け。

完成予定図

70g0901s3_20140519231730322.jpg


その前にツールトレイ。

底板を並べて、予め加工しておいた溝に差し込んで、組立。

IMG_1815_20140519231730239.jpg


長さ2500、中央部で幅800あるので、ヘルニアが再発しそうな重さです。
手前にあるテーブルリフターの上に乗せて、本体の大掛かりな作業は終了です。

IMG_1818_201405192317307d7.jpg

オレンジのテーブルリフターは、最大500kまでなのでフラフラしていましたが、
作業台をのせるテーブルリフターは最大2tまで対応しているので、しっかりします。

あとは、平面を出して、テールバイスをつけて、面取りして、ショルダーバイス脇に板をつけて、ベンチドックを作れば、
とりあえず使えるようになるかな。

IMG_1821_2014051923172967b.jpg

ベンチドックとは四角い木の棒で、穴に差し込んで、材料を抑えるのに使います。
Bench dog
ベンチドックを差し込む穴の接着剤を拭き取るのを忘れていて、
それを取り除いていたらあれよあれよと時間が過ぎて…。

そんなこんなで、テールバイスは終わりませんでした。

工具、道具 コメント:0 トラックバック:0

ショルダーバイス。

2014/05/18(Sun) 23:59
作業台。

ショルダーバイスの取り付け。

完成予定図。

70G0151D1.gif


この金物はleevalley&veritasで購入しました。


軸の太さは45mm.

太いキリを所有していないので、40を彫ってから小刀で掘りました。

穴はガタガタ。

IMG_1803.jpg


だけど、すっぽり。

IMG_1802.jpg

加工が一通り終わったので、組立。

妻と大騒ぎをしながら、
ショルダーバイス部は、何とか組めました。

IMG_1811_20140518233253332.jpg

それらしくなってきました。

が、1本クランプをかけてはいけない所(青いクランプの左側)にかけてしまい、困った事に。

戻れないので仕方がないと諦めます。

でも諦めきれづに、悶々としていました。



そんな時は、よたっこと一緒にチルアウト。

今日は天気が良。
絶景を眺めながら、右手に珈琲、左手にキットカットで癒されてきました。

IMG_1845.jpg

少し直角がズレた事なんてすっかり忘れたつもりでしたが、
工房に帰って作業台を目にする、とやっぱり気になりますね。










工具、道具 コメント:0 トラックバック:0

作業台。

2014/05/16(Fri) 22:55

今日も昨日もその前の日も、作業台を作っています。

製材した板も乾燥するにつれて狂い(反り)が出てきます。
その狂った部分を削って平にします。

すると木の内部のバランスが崩れて、数日置くと少し狂います。

その少しの狂いをとってから、剥ぎます。

作業台の場合、完成してから狂われると、非常に困るので特に慎重になります。

IMG_1798.jpg

平らな板を接着剤で張り合わせるといっても、厚みが9センチもあるので、一筋縄ではいきません。
今回はぎ合わせるのは9枚。

この枚数ををいっぺんに剥ごうとすると、初めに塗った接着剤が乾きだして、大体失敗します。

それを分かっていながら、いっぺんに剥ぎました。
ギリギリ成功したのかどうなのか。
3年後くらいにわかると思います。

自分の物だと、どうしても急いでしまう悪い癖が出てしまいました。


接着剤が硬化してから、9センチの板の両端に12センチ厚の板を4枚接ぎました。

超重量級。

ゴリゴリの作業台になりそうです。


工具、道具 コメント:0 トラックバック:0

シャプトン

2014/02/14(Fri) 00:27
マキタか日立か?

そう聞かれれば、迷わず日立と答えます。
インパクト、ドリル、ルーター、充電掃除機、電動かんな、日立を使っています。

なぜかというと、マキタがほうが人気があるから。たぶん。

昔から無理のない範囲で、人と違うものをつかいたがります。
血液型が関係しているのかな。



久々に、電動工具を購入しました。

電動カンナ、BOSCH 10-82です。

IMG_0661.jpg


なぜ今回はボッシュかというと、木工の本番ドイツのメーカー、デュアルダクト、クラス最大のパワー。
この3点、日立に無い魅力を感じたからです。

デュアルダクトとは、ダンパーを使ってカンナ屑を左右好きな方に飛ばす事ができる機能。
左利きの人は嬉しい機能ではないでしょうか。
テーブルに使う1枚板なんかを削る時も便利だと思います。

インパクトとドリルドの調子が悪いので、今後ボッシュに買い替えていこうと思っています。


電動カンナを購入するついでに砥石も買いました。

刃の黒幕。
1000 &2000

IMG_0660.jpg

皆さんご存知のこととおもいますが、こいつはすごいです。
落ちる落ちる。

王座陥落です。


電動カンナを買って、平台を7丁砥いで。

次の仕事、秋田杉のテーブルの準備が整いました。
工具、道具 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: