ホクト59

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

リブチェア

2015/12/03(Thu) 13:35
リブチェアを製作しています。

これは、背もたれの部品です。
リブチェアで一番力入れたのがこの部分。

12256776_971950392866716_1580621571_n.jpg

リブチェアは背もたれから肘掛と脚を絞り出した様な形状です。
肘掛は捻ったように見せています。
一つ一つをむやみに削ると完成した時に形が揃わないので、ある程度のところまで機械加工をして揃えることが必要になります。
いうのは簡単ですが、個人工房のレベルでは揃えられる機械はたかがしれているので、所有する機械を工夫して加工をしています。
#オーダー家具#注文家具#無垢家具#ブラックウォールナット#ダイニングチェア#チェリー#北欧#ppモブラー#木工作家#木工#ククサ#暮らしの道具
ここから手作業。
この面まで削る。という基準面を何箇所か作っているので、
そこを狙って削っていくと、何脚製作をしても近い形に作ることができます。

12317414_736593746470560_208844452_n.jpg

立派な機械はこの段階まで一気に仕上げてしまうので、考えるといやになります。
それでもYouTubeを見てしまうんですよね。


サンディングをした状態です。
この角度から見ると肘掛が太く見えます。
普段家具を使う時は見ない角度なので、強度を出すために太くしています。

12328147_1072756682758846_1430084599_n.jpg
座る人が椅子を引き出す斜め後ろ上から見たとき、最も美しく見えるように背もたれを仕上げています。

スポンサーサイト
工房の話 コメント:- トラックバック:0

試作。

2015/08/01(Sat) 23:00
今日の夕立は、経験したことの無い勢いがありました。

真横に降る雨と雹。

2階の窓枠から水が侵入して床がビシャビシャ。
シャッターの下からも水が侵入して床に水たまり。

ちょうど漆を塗っているので、ありがたい!

降った時間が短かったので、大きな被害はありませんでしたが、
トタン板が飛んで材料がずぶ濡れになり、工房脇の細い木が道をふさぐように倒れていました。
明日の仕事が決定しました。


リブチェアの布座タイプの試作をしています。

11349424_1470434806611654_1801208077_n.jpg

先月納品した板座タイプは座面を彫り込む事で傾斜をつけているのに対して、布座は座面自体を傾斜させる必要があります。たった2度傾斜させるだけで脳みそフル回転です。
途中まで加工しておいた材料があり、1週間で形になりました。

サーバースプーンも試作しました。

11326435_1623010334619869_1670587317_n.jpg

作ったものの、このタイプはボツとなりました。

11375408_103540076662325_226775789_n.jpg

フライフィッシングで使うランディングネットのような形が、使い心地がよいのではないかということで出直しです。
この子たちは、天然乾燥のブラックウォールナットに白漆を塗る、意味のなさそうな贅沢仕上げになりそうです。

漆塗りオーバル皿も試作中です。
いや迷走中かな。

大谷石をめざし塗りあがったものを手にしてみて、このお皿に何を乗せたら良いのか想像がつかないのだそう。
大谷石もボツになったのかな。

とにかく料理と食べることが好きな妻の感覚での判断ですが、作り手と使い手をつなぐ一番大切なところだと思います。
それからは塗りあがったものを実際に使って、塗って使っての日々。

11296719_1630538330523225_1416722359_n.jpg
#オーダー家具#注文家具#無垢家具#ブラックウォールナット#ダイニングチェア#チェリー#北欧#ppモブラー#木工作家#木工#ククサ#暮らしの道具
11374591_909896932420797_460408472_n.jpg

11363861_1448515508789146_1807221359_n.jpg

鍋をふるう人が、お皿をみて創造力が湧き立つ。
それが理想なのだそうです。

まだまだ時間がかかりそうです。

工房の話 コメント:- トラックバック:0

2015/07/13(Mon) 21:53

漆塗りのオーバル皿を作っています。

11333331_1654970234715068_1174302648_n.jpg

出来る限り薄くするよう心がけました。
それでいて綺麗に重なる形。
サイズは、250×180です。

木地の状態は、紙皿のように軽いです。

11419200_1468345870148157_1628571047_n_20150713200015d1d.jpg

塗りは妻の担当。

11311231_1609240882685019_2118150004_n.jpg

漆で石の表情を目指しています。
欲をいえば、品の良い大谷石。

どうなることやら。

工房の話 コメント:- トラックバック:0

今月のカップ

2015/06/25(Thu) 22:35

3ヶ月ぶりにmoguカップを製作しました。

11335111_1593331050931932_792873647_n.jpg


ちょっと変わった形も。

黄桜カップ

11312114_122029221464631_399172089_n.jpg


胞子カップ

11374472_355757294633338_1240350701_n.jpg


野口カップ。

11358029_1447581768877974_1189103830_n.jpg

特注のカップ。
「木の根、きりかぶのようなゴツゴツした激しい…」
そんなご注文で、形はお任せにさせていただきました。

IMG_0982.jpg

こんなに彫りこんだのは初めてかもしれません。

中学生の授業、彫刻刀で無我夢中で百合の花を彫った時の事を思い出しました。
図工だけはあっというまで時間が足りなくて。
茎が折れるまで彫っていました。
当時と同じ時間の流れで、一つのものに対して夢中で時間を使い作業できたのは幸せでした。

どうしよう。
カップへの考え方が大きく変わってしまいそうで。
もっと自分に文章力があれば伝えることができるのにな。
今後作ったもので、今の思いを汲み取っていただければ嬉しいです。
#オーダー家具#注文家具#無垢家具#ブラックウォールナット#ダイニングチェア#チェリー#北欧#ppモブラー#木工作家#木工#ククサ#暮らしの道具#群馬

工房の話 コメント:- トラックバック:0

リブチェア。

2015/05/07(Thu) 20:59

今年は春ならではの美味しいものをたくさんいただきました。

山に住んでいる特権です。

11192973_1604149319823891_791575786_n.jpg

たけのこ、ふき、しいたけ、こごみ、さんしょ。

カブトムシ虫の幼虫も元気に育っていました。
5月の中旬からさなぎになっていくそうです。


工房では、椅子を製作しています。
リブチェア。

肘を置く場所と背もたれを強固に接合する加工です。
フィンガージョイント。

11189207_1578689859077367_542142504_n.jpg


11192604_1585182661741912_705448002_n.jpg

このままだと薄いので、積層して背もたれに高さを出します。

11195757_790693351038433_435689812_n.jpg


積層する間にペラペラの色の違う木をはさみます。

11189896_802773303140394_2126961772_n.jpg

10個のパーツを集結させて、1つの背もたれになります。

11236416_675312129280207_110405563_n.jpg

ご注文いただいたのは楢材。
見本用にブラックウォールナットとチェリーで製作をしています。

              #オーダー家具#注文家具#無垢家具#ブラックウォールナット#ダイニングチェア#チェリー#北欧#ppモブラー#木工作家#木工
工房の話 コメント:- トラックバック:0
 Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: