ホクト59

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

看板

2013/04/11(Thu) 00:22
白井地区の桜が咲き始めました。

桜の撮影をして、画像を確認すると、

”カードがありません”

そんなこんなで、写真はありませんが、
今年の上野村の桜は、正直いまいち。

花のつぼみを、ウソという鳥が食べてしまったそうです。
特にウソが多い年だったそうです。

満開なのに、スッカスカ。

それでも、お花見をしよう!って事で、よったこ夫妻とお花見をしてきました。

見晴らしの良い高台で、遠くに、河川敷の桜並木、目の前に太い桜が2本。
右には、リンゴの白い花が満開。
左には、プラムの花が咲き、足下にはすみれが。

そんな場所での、お花見です。

とっても綺麗だったのですが、想像以上の寒さに襲われて、
ごまチャパティとほうれん草カレー、おにぎりをパパッと食べて即帰宅しました。



帰宅してから、レジスターの修理を。

IMG_8956_20130410230153.jpg


今まで、催事中の釣り銭入れに、渋い煎餅の空き缶を使っていましたが、
いい加減ちゃんとした物が欲しいと思っていました。

探し始めは、レジスターではなく、かっこいい箱的な物を探していたのですが、
昔のレジスターに、電源のいらない機種がある事を知り、古いレジスターを購入しました。

ちょっと数字の動きが悪い所があったで修理でした。

レゴブロック似の数字をガチガチ下げて、レバーを引くと、
チッーンの音とともにお金入れが飛び出してきます。

IMG_8961.jpg

優れている所は、レバーを下げる力で、数字がレシートに印字される所。
このレシートは、お客様に渡す物ではなく、集計用の物です。

サイズも重さも持ち運ぶのに丁度良い。

可愛いレトロ感が、気に入っています。


ガチガチ、ちんちん。
にぎやかになりそうです。



修理のあとは、看板の製作。

君と ホクト yotaccoと 

IMG_8971.jpg

玄関に置く看板です。

スポンサーサイト
表札 コメント:0 トラックバック:0

渋いの完成。

2012/12/16(Sun) 22:19
ついに、渋いヤツ完成しました。


ずっと考えていました。どういう文字で、どういう配置で、どういう大きさにしたらいいんだろう。
字が思いつかない日々が続きました。

というのも、いままで表札は、依頼主の人柄から受けた印象で書いていたからかもしれません。
ある意味、自分はともかく依頼主の気に入るものを書くというのが第一でした。
価格も安いので、限られた時間と予算の中で、自分が今まで培ってきた技術のベストを尽くすという感じです。

でも、今回は、最高に良いものを作り上げるのがテーマ。
最高にいいものには、最高の文字を学ばなければ書ける訳が無い。

ということで、専門学校時代の書籍をパラパラしながらにらめっこ。
王羲之(中国史書道家のカリスマです)の文字ではしっくりくるものがなく…
空海(歴史の授業に登場するあの空海さん)もちょっと違う…


追いつめられて、目についたのが、書の至宝という展覧会で購入した、分厚い作品集。
カラーの1ページ1ページの文字を何度も見返しているうちに、
いままで何度も繰り返し見ている本なのに、1度も興味を持つ事が無かったページで目が釘付けになり、今回は、
米フツ」さん(宗の四大家の1人)の書を参考にすると決めました。
米フツさんは、とっても興味深い人物なんです。その人柄にもとても好感を持ち決めました。


11月下旬、早速米フツさんの本を探しに都内へ行くと、見つからず…
帰ってきて、アマゾンで探したらすぐ見つかった書籍を、1週間ひたすら臨書することに。


正直、1週間も臨書する事になるとは、書き始めは思っていませんでした。
だけど、書けない。
自分の腕の無さを、改めて実感しながら、文字創りをしてました。



そして出来上がった、これが今回の文字。

IMG_1728.jpg

ご要望は、1つだけ。「吉岡」の「吉」に関してでした。
「武士の士」の「士」がはっきり分かる様にとのこと。

そう、それだけ。

なんですが、これで、苦戦しました。
私が「これだ!」と書き上げた「吉岡」の文字をホクトさんに見せた所、
この、「武士の士」にNGが…。。。分かり易さや見やすさと、格好良さを兼ね備えるって、
難しいんだな…とつくづく思いました。



文字彫り開始。


IMG_1734_20121216215239.jpg

画像では、丸刀を使用していますが、思った様に出来ず…。
彫りは全くの素人なので、
翌日大和美術工芸さん
に、伺いアドバイスと、大切な彫刻刀をお借りして、ひたすら彫ること2日。



IMG_1774.jpg

これが彫り終わった所です。とっても切れる、メンテナンスの行き届いた切り出し刀をお借りした御蔭で、
後半はかなりスムーズに彫る事ができました。感謝です、道具って大切なんだなーと改めて感じました。


彫り終わると、次は、磨き。

IMG_1779.jpg


文字と彫った壁面をペーパーで磨きます。
とにかく、1日磨く。

次の日は、残りの磨きを終えて、材料の杢の小さな穴全てを埋める作業。
小さな穴を埋める事で、塗装をした時に、表面がつるっとなるそうで、
ひたすら、穴に瞬間接着剤を少しいれ、全体が全てうまったら、表面に残った接着剤を取り除き、
また埋める。を繰り返します。


この黒く見える小さな丸全部埋めます。


IMG_1792.jpg




翌日、塗装の下地を塗ります。

IMG_1800.jpg

杢の素晴らしい材料なので、塗料をとても吸い込みました。


IMG_1811.jpg

材料が塗料を吸うと、また重ね塗り…を繰り返し。一晩乾燥させます。



翌朝、乾燥させた材料を磨き、表面のザラつきだけを落としたら、黒を入れます。

IMG_1821.jpg



彫った文字の壁面には、黒が染みないように、文字の部分だけを塗ります。



IMG_1846.jpg



墨が乾いた所で、1度目の塗装をします。


IMG_1866.jpg






翌日、いよいよ楽しみだった、銀箔貼り。
軽く、材料の表面を磨く作業をして…。

IMG_1874.jpg



どうやったら一番綺麗なのか???試行錯誤。


箔下糊を塗り、


IMG_1876.jpg

文字の広い部分から箔をのせたり、文字のキワにのりを塗って輪郭をしっかりさせるよう箔つけしたり、
一画に全てのりを塗って箔をブラシで馴染ませてみる。

IMG_1884.jpg


とにかくいろいろ試してみた結果、
出来るだけ大きい範囲で、一枚大きな箔をのせる方法が一番綺麗にできました。

IMG_1890_20121216221155.jpg



苦戦しつつ、なんとか完成。


IMG_1897.jpg



銀箔を定着させる為に、1日寝かせて、翌日朝塗装。


IMG_1916.jpg


夕方に完成しました。


昨日発送した表札。
さっき、工場へホクトさんを迎えに行った所、連絡がきたと教えてくれました。
四国なので、明日になるかな…と思っていたのですが、日本の運輸業界スゴいんですね。

今回は、ホクトさん側の親戚の方の依頼で、
大変勉強になる仕事をさせていただくとこができました。
時間や手間をおしみなくかけて、いいものを創らせていただけるチャンスは、
今後あるとも限らない、貴重な機会でした。
ありがとうございました。



無事到着のご連絡がいただけたので、記事をアップしたいと思います。






















表札 コメント:4 トラックバック:0

動楽市いろいろその2  表札屋さん詳細

2011/11/05(Sat) 19:00
できあがりました。流れはこんな感じになります☆よろしくお願いします(礼。


ホクト59の表札は、こちらが表札用に加工した木材の中で、お好みのものを選ぶところから始まります。
出来上がった表札は、その場でオイル塗装を致します。代金はご注文時に頂戴致します。

  天気の場合:出来上がりまでのお時間は、30~60分です。
        (選んだ内容や、天候、お客様の人数によって変わります。)
  雨天の場合:別途送料350円を頂き、後日発送となります。(※ ウレタン塗装の方は、除きます。)

step1,好みの木材を一つ選ぶ。
  … 価格:500円 (大きさ、サイズ関係なし)
 
step2,表札のスタイルを選ぶ。 スタンダード  or    アレンジ
 
<スタンダード>
  基本の1、2、3の字体構成から一つ選ぶ。… 価格:文字数 × 500円
                   (「関根」の場合→ 文字数 2 × 500円= 1000円)
  縦書き、横書きは、お選びいただけます。
  
  スタンダードでローマ字(+500円)を入れる場合は、
  基本2基本3にあるように、横書きの名前の下に入れる形のみとします。

基本1

IMG_5314.jpg


基本2

IMG_5309.jpg


基本3

IMG_5307.jpg



<アレンジ>
  字体、構成など、お客様と相談の上、サンプルを作製。その中から好みのものを選んで下さい。
  …価格:<スタンダード> の価格 +1500円    (前回は、お任せという方が多かったです。)

こんな感じデス

IMG_5289.jpg

IMG_5287.jpg

IMG_4811.jpg


IMG_4841_20111105191242.jpg

※ 落款は、アレンジにて邪魔にならないな~と判断した場合入れています。

 
step3,オプションをつける場合は、こちら。
  
  ・ローマ字かなを付ける… 価格:+500円
  ・ウレタン塗装 … 価格:+1300円(郵送代を含む)
  
step4,裏面で金額の確認をし、納得できましたらご注文をお願いします。
  
ex1,<スタンダード>基本1で「関根」作製の場合
     :(step1,)材料代500円 + (step2,)文字代1000円 = 1500円

ex2, <アレンジ>で、「関根」にオプションのローマ字を追加で作製の場合
   :(step1) 材料代 500円 + (step2) 文字代1000円+ アレンジ代1500円 +(step3)ローマ字500円 = 3500円



にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村
表札 コメント:0 トラックバック:0

先週、表札発送しました。

2011/10/12(Wed) 17:49
先週半ば、注文頂いた表札を発送しました。


やっと、川場村のイベントが終わった気分です。




左は、二世帯住宅のご家族のお家用です。材は、上野村産シオジです。

いっぱいデザインして、「柿」の実が落ちて、根付き「安」定する。そんな様子をイメージして、
親側の柿沼様を縦に、子の安井様を下側横書きで、書きました。
落款を入れると、うるさくなる気がしたので、サイドに押させて頂きました。

8日の夜、
柿沼様から電話がありました。

とても気に入ってくださったようです。
ホッと一安心しました。



IMG_4841.jpg


右側は、齋藤様からのご注文。

材は、タモの木。
木目がとても綺麗な材を選ばれました。

「難しい方の齋藤で!」とのこと。私が、サッカー選手の長友選手をイメージして書いたデザインを気に入って下さっていました。齋藤と、長友…まるで違う字の様子なので、沢山考えました。

これが、長友です。

IMG_4783_20111012164608.jpg


両方とも、縦に流れ伸びる文字、友は画数の少ない文字。

なので、線を遊ばせることができました。

しかし…
齋藤さんの場合は、画数が多く、横にも広い字です。なので、長友風に書く為には、難しく…。

字の意味を調べ、イメージを膨らませてみました。

「藤」は、ツルが上に伸びる草という意味があるとのことです。
なので、筆使いを変えて、左から右の書き順ではなく、右から左。
上から下の書き順ではなく、下から上と筆を使い書いてみました。

気に入って使って頂けていることを祈るばかりです。



にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村
表札 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author:      

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。