ホクト59

2017 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

明日から、八ヶ岳クラフトフェア2011に行ってきます。

2011/07/15(Fri) 18:44
上野村は、昨日今日と、暑い日が続いています。
昨日工房に行くと、前の空き地に、デッッッカイ車がとまっていました。

DSCF3852_convert_20110715185446.jpg

こんなデカイ車が、どうやって山道を登ってきたのか不思議です。

ぼくなんて4トン車でもビビってしまう道。

正直、空から降ってきたのかな、と思ってしまいました。

DSCF3868_convert_20110715000512_20110715184815.jpg

全長17mだそうです。



話変わって
今日、新しいmoguカップが完成しました。

DSCF3876.jpg

今回は、つや消し塗装です。

DSCF3882.jpg

100%のつや消しなので、何も塗ってない様です。
木の質感を感じる事が出来ます。

つやつや塗装と比べると違いがわかると思います。

DSCF3784.jpg


1つだけですが、足のはえてるカップも作ってみました。

DSCF3869.jpg

足のはえているカップは人気があるようで、三越さんにて販売している時は、陳列している最中に売れてしまいました。
三本足なので、安定感抜群です。

最近の話ですが、
「私は無骨な感じが好きなんです。」
と、お客様の何気ない一言。

試しに、無骨、足のはえバージョンを作ってみました。

DSCF3884.jpg

良いかも。
良いかも。

次作る時は何個か作ってみようかと。
そんな気持ちにさせられました。
お客様の何気ない一言がありがたいです。


他のお客様には
「これククサでしょ。」

ん~、確かに見た目はククサに似たのもあります。
ククサのデザインを見習った事も。
多分、作り方も一緒だと思うし。


でも、使い心地と細部のクオリティも負けていないと思っています。
熱い飲み物も飲めるし、もちろん冷たい飲み物も、味を損ねずに飲んで頂けます。
特にメンテナンスも不要で、食卓の洗い物と一緒に、水の中に入れっぱなしでも問題ありません。

これが、ホクト59のカップの良さです。自分で言うのも恥ずかしいのですが(汗

この使い心地を実現させる事で、自信を持ってカップを売る事が出来る様になったと感じています。

三越さんでは、同業者の方から、このカップのデザインはどこからでてくるのか…?
と、聞かれたこともあったそうです。

返答に困ったと、言っていました(苦笑)

返答に困った本人より…(こんばんは。ここだけ書かせていただきます。ホクトのカップのデザインは、ホクトの感性から生まれてくるもののよう。小さい子が楽しそうに絵を描くのと同じ感じで、、、自然に一つひとつ形になってるのだなぁと、傍から見ていて思います。楽しい、使って欲しい、そんな想いから生まれるカップなので、彼らしさが出てるぁと毎回思います。)



これからも自分たちは、新しい木のカップを求めていきます…、
材料を今まで以外のものにチャレンジしていきたいと考え中です。





気になる価格も一般的なククサと同じ位で頑張っています。
Made in ueno村の mogu カップは如何でしょうか。

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
ホクト59の商品 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/186-987f36ce
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author:      

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。