ホクト59

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

まほーばの森無事終了

2011/09/20(Tue) 11:02
おはようございます。

昨日で、無事にまほーばの森クラフトフェア終了しました。

久々にお箸たちが、旅立ちました☆

ホクトさんと私が昔バイトをしていたお店の先輩ご家族のおばあちゃま。

さらに、ブログを見て下さったというお客様(嬉しかった)が、
ともに『シャム柿』のお箸を購入してくださいました。

ホクト59では、一番高価なお箸です。
何故…?と思われる方も多いと思います。
私も、このお仕事に携わってなければ、そう思います。
販売する時は、あまり上手く伝えられなかったので、upしておこうと思います。


さきほど調べてみたら、ホクトさんが、
今年の1月8日に、このお箸の記事を載せていました。
今回は、この材料の良さを、ご紹介したいと思います。


『シャム柿(ムラサキ科・シャムパーシモン)…元々は国産黒柿の代用材として輸入されていましたが、今ではこの木材も希少価値が高いものになっています。黒柿よりも茶褐色や黒褐色の様々な大理石模様が入り混じり、非常に装飾価値の高い木材です。材質は国産黒柿より、こちらのシャム柿のほうがさらに堅牢です。』

や、

『シャム柿は灰色から緑色がかった黒色で独特の縞模様がある木材。ジリコテとも称されます。かつては、我が国でも東北地方などで相当量の産出がありましたが、現在では産出量が減少し、輸入材に頼るようになりました。原産地はメキシコ・グァテマラ。非常に希少価値の高い素材で、さまざまな高級品に使われる銘木です。』

と表現されています。

では、国産黒柿とはというと…

『長生きした柿の古木の中には、心材部分に黒い褐色の紋様が浮かび上がった柿の木が、稀に見つかります。この柿の木材を黒柿と呼び珍重しています。水墨画で描かれたような日本的な美しさと、百本切ってみて一本でも出れば大当たりと伝えられる、稀少価値の高さを併せ持つ黒柿は、国産銘木材の中でも最高峰に位置付けされる銘木中の銘木です。』

と書かれていました。


今回お二方が購入してくださったシャム柿のお箸は、
赤身部分(心材に近い部分)の縞模様が、持ち手のところに、とてもはっきり出ているものでした。
木の面白さが活かされたお箸を、気に入って頂け、大変嬉しく思います。


こういう木なんだ~と、思って使って頂くと、更に愛着がわいてくるかもしれません☆

艶感が衰えてきたな~と感じたら、オリーブオイルなどのご家庭にある油を熱して冷ましたものを
マスクなどを使って薄く塗り込んで頂き、1日日陰干ししてみて下さい。



新作のトング、チュロスもご購入いただけ、木具カップも好評でした。

左利き用のはちのはね(ヘラ)も、作っておいて良かったです。

ご来場、ご来店の皆様、ありがとうございました。


IMG_4682.jpg






にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
ホクト59商品のメンテナンス方法や、注意事項です。 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/237-8d74a40a
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: