ホクト59

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

2012/09/02(Sun) 01:07
今日の仕事は、建具。
有り難い事に、障子の注文を頂きました。

初挑戦です。
こんなチャンスは、めったに無い事、スキルアップのチャンンスです。

使用する材料は、設計士さんの指定で、杉を使います。

杉の価格は、はばが広く、そこらにはえている安価な杉から、高価な屋久杉まで。
安い材料は杉で、高い材料も杉なんです。

経験の無い僕が、安い杉を使うと、痛い目に合うと思い、
予算をオーバーしてでも、赤字にならない程度の材料を探していました。

探して探して、、、辿り着いた材料が、
日頃お世話になっている材料屋さんにありました。
建具用に挽いた、神奈川県、大雄山の樹齢400年の杉です。

油分が強く、削るとしっとりした肌触りの良い材でした。
材料が見つかり一安心です。

ただ、障子に必要なのポイントを抑えてるのか不安でしかたない心境を、
材料屋さんに伝えると、

「最近、障子の入った家を紹介するから、見せてもらいな!」

と、紹介して頂きました。



早速お宅訪問へ。

ご主人に、

「板に穴が開く位、うんと勉強していきな!!」

とありがたいお言葉を。

本当に穴が空く位ジロジロ見てきましたよ。

玄関には、杉の一枚板。

横の桟は、物入れと扉を、視覚的に判断するためなのだそう。
確かに、言われなくても開けてはいけない感じが伝わってきます。

IMG_9650.jpg

建具、奥が深い、天井もスゴい。



噂の障子

IMG_9634.jpg



IMG_9667.jpg


実際見てみれて本当に良かった。
とっても勉強になりました。

不安な点が解消され、スッキリー。





スポンサーサイト
オーダー品 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/474-e34f494a
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: