ホクト59

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

渋いの完成。

2012/12/16(Sun) 22:19
ついに、渋いヤツ完成しました。


ずっと考えていました。どういう文字で、どういう配置で、どういう大きさにしたらいいんだろう。
字が思いつかない日々が続きました。

というのも、いままで表札は、依頼主の人柄から受けた印象で書いていたからかもしれません。
ある意味、自分はともかく依頼主の気に入るものを書くというのが第一でした。
価格も安いので、限られた時間と予算の中で、自分が今まで培ってきた技術のベストを尽くすという感じです。

でも、今回は、最高に良いものを作り上げるのがテーマ。
最高にいいものには、最高の文字を学ばなければ書ける訳が無い。

ということで、専門学校時代の書籍をパラパラしながらにらめっこ。
王羲之(中国史書道家のカリスマです)の文字ではしっくりくるものがなく…
空海(歴史の授業に登場するあの空海さん)もちょっと違う…


追いつめられて、目についたのが、書の至宝という展覧会で購入した、分厚い作品集。
カラーの1ページ1ページの文字を何度も見返しているうちに、
いままで何度も繰り返し見ている本なのに、1度も興味を持つ事が無かったページで目が釘付けになり、今回は、
米フツ」さん(宗の四大家の1人)の書を参考にすると決めました。
米フツさんは、とっても興味深い人物なんです。その人柄にもとても好感を持ち決めました。


11月下旬、早速米フツさんの本を探しに都内へ行くと、見つからず…
帰ってきて、アマゾンで探したらすぐ見つかった書籍を、1週間ひたすら臨書することに。


正直、1週間も臨書する事になるとは、書き始めは思っていませんでした。
だけど、書けない。
自分の腕の無さを、改めて実感しながら、文字創りをしてました。



そして出来上がった、これが今回の文字。

IMG_1728.jpg

ご要望は、1つだけ。「吉岡」の「吉」に関してでした。
「武士の士」の「士」がはっきり分かる様にとのこと。

そう、それだけ。

なんですが、これで、苦戦しました。
私が「これだ!」と書き上げた「吉岡」の文字をホクトさんに見せた所、
この、「武士の士」にNGが…。。。分かり易さや見やすさと、格好良さを兼ね備えるって、
難しいんだな…とつくづく思いました。



文字彫り開始。


IMG_1734_20121216215239.jpg

画像では、丸刀を使用していますが、思った様に出来ず…。
彫りは全くの素人なので、
翌日大和美術工芸さん
に、伺いアドバイスと、大切な彫刻刀をお借りして、ひたすら彫ること2日。



IMG_1774.jpg

これが彫り終わった所です。とっても切れる、メンテナンスの行き届いた切り出し刀をお借りした御蔭で、
後半はかなりスムーズに彫る事ができました。感謝です、道具って大切なんだなーと改めて感じました。


彫り終わると、次は、磨き。

IMG_1779.jpg


文字と彫った壁面をペーパーで磨きます。
とにかく、1日磨く。

次の日は、残りの磨きを終えて、材料の杢の小さな穴全てを埋める作業。
小さな穴を埋める事で、塗装をした時に、表面がつるっとなるそうで、
ひたすら、穴に瞬間接着剤を少しいれ、全体が全てうまったら、表面に残った接着剤を取り除き、
また埋める。を繰り返します。


この黒く見える小さな丸全部埋めます。


IMG_1792.jpg




翌日、塗装の下地を塗ります。

IMG_1800.jpg

杢の素晴らしい材料なので、塗料をとても吸い込みました。


IMG_1811.jpg

材料が塗料を吸うと、また重ね塗り…を繰り返し。一晩乾燥させます。



翌朝、乾燥させた材料を磨き、表面のザラつきだけを落としたら、黒を入れます。

IMG_1821.jpg



彫った文字の壁面には、黒が染みないように、文字の部分だけを塗ります。



IMG_1846.jpg



墨が乾いた所で、1度目の塗装をします。


IMG_1866.jpg






翌日、いよいよ楽しみだった、銀箔貼り。
軽く、材料の表面を磨く作業をして…。

IMG_1874.jpg



どうやったら一番綺麗なのか???試行錯誤。


箔下糊を塗り、


IMG_1876.jpg

文字の広い部分から箔をのせたり、文字のキワにのりを塗って輪郭をしっかりさせるよう箔つけしたり、
一画に全てのりを塗って箔をブラシで馴染ませてみる。

IMG_1884.jpg


とにかくいろいろ試してみた結果、
出来るだけ大きい範囲で、一枚大きな箔をのせる方法が一番綺麗にできました。

IMG_1890_20121216221155.jpg



苦戦しつつ、なんとか完成。


IMG_1897.jpg



銀箔を定着させる為に、1日寝かせて、翌日朝塗装。


IMG_1916.jpg


夕方に完成しました。


昨日発送した表札。
さっき、工場へホクトさんを迎えに行った所、連絡がきたと教えてくれました。
四国なので、明日になるかな…と思っていたのですが、日本の運輸業界スゴいんですね。

今回は、ホクトさん側の親戚の方の依頼で、
大変勉強になる仕事をさせていただくとこができました。
時間や手間をおしみなくかけて、いいものを創らせていただけるチャンスは、
今後あるとも限らない、貴重な機会でした。
ありがとうございました。



無事到着のご連絡がいただけたので、記事をアップしたいと思います。






















スポンサーサイト
表札 コメント:4 トラックバック:0
コメント:
--珠玉の名品[i:63951]--

包みを開けたとたん、その素晴らしさに言葉が出ませんでした。((T_T))

カッコいい~、綺麗、そして美しい。単純な言葉だけど、それっきゃない。って感じです。

一目惚れ、一瞬にして僕の心をかっさらいました☆*.。. o(≧▽≦)o .。.*☆

あらためて、家を建てたのだという実感と、吉岡という姓、その家に産まれ育ち、40年間の記憶がフラッシュバック☆*.。. o(≧▽≦)o .。.*☆

本当に本当に本当に、ありがとうございました。早く遊びに来てくださいね(^O^)!!
by: 吉岡 * 2012/12/18 23:00 * URL [ 編集] | page top↑
--吉岡様--

コメントやメ−ルありがとうございました。

新築おめでとうございます。
また、表札が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。

喜んで頂けて、ホッとしています。

実際にお届けに伺える距離ではなかったので、
お手元に届くまではドキドキ、不安がありましたので、
お電話いただいたという話を聞いて安堵しました。

このような、仕事をさせて頂けて本当に感謝しております(m m)。
ありがとうございました。

玄関に表札が付く日を楽しみにしています♪



by: ホクト59です。 * 2012/12/21 20:32 * URL [ 編集] | page top↑
--素晴らしい--

改めて、素晴らしい作品ですね。
もっと実物をしっかり見ておけば良かったです。
素晴らしい仕事をしていますね。
今後のさらなるご活躍を願っています。

by: よた つね * 2012/12/26 21:40 * URL [ 編集] | page top↑
--マグカップありがとう~\(^o^)/--

昨日夜、仕事から帰って、ますみ兄ちゃんから、新築御祝いをいただきました!
和的で優しい心遣いが伝わる可愛いラッピングに驚きしてて、箱を開けたら、これまた、今まで見たことがない素敵な木製のカップ~\(^o^)/
しかも、5人家族分!
どれも、木目のラインが綺麗で、デザインも美しく、早速、使わせてもらいました♪q(^-^q)
軽くて、持ちやすく、口当たりがなめらか~♪
本当に素敵な素敵な贈り物をありがとう~\(^o^)/
いつでも、大洲に遊びに来てね。(^O^)
by: 吉岡宏 * 2014/05/16 13:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/519-1c6ccd40
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author:      

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。