ホクト59

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

お皿を彫る

2013/03/26(Tue) 22:18
IMG_8479.jpg

今朝、歩いて工房へ向かうと、遠くのお山に雪化粧。

晴天でしたが、風が冷たく、肌寒い日でした。


今日は、彫り終えたお皿に、1度目の塗装をしました。
本当は、あと倍の枚数、彫る予定でした。
が、ドクターストップならぬ、ホクトストップがかかり、21枚で塗装を迎える事になりました。

かれこれ、2週間程度お皿彫りをしていました。

気がつくと、いつものフライパンが重く感じ、ルクルーゼのお鍋を持つと腕に痛みが走る。。。
工房で、お皿を彫っていると右手の薬指がつった様になって、曲がりずらくなっていました。

で、腕ってすごいんだなー。指って、手って、休んでないなー。
と、改めて、人間の体はすごいと感じました。
大切にしないといけませんね。




そんなこんなで、最後のお皿がこの一枚でした。

IMG_8461.jpg



彫る方向を間違えない様に木口で年輪の方向を確認してから、少しずつ掘り進めます。
年輪が詰まっているところは、年輪から年輪を2つ分くらいを目安にします。

IMG_8467.jpg


この材は、シオジです。
シオジはセンと比べると、硬く彫りずらいため、避けていました。
私の技術不足も多々あるため、センである程度彫りに慣れてから、
シオジの小さいものを彫って、いざ!この一枚へ。

IMG_8469.jpg


彫りにくい材なので、押して彫るという力任せではごまかせません。
画像の当て木は、シナです。
柔らかく導管がないので、押して彫ってもあまりボソボソが目立たちません。右側の方の細長い彫りです。
(実際は、良く見ると分かります。)
当て木の左側の彫りが、理想の彫りです。
彫刻刀を力だけでなく指の動きで、押しながら回して刃のあとを◯く(丸く)残すように彫ります。
そうすると、彫った切り口がツルッと綺麗に仕上がります。
これが、なかなかできませんでした。

腕がパンパンになって、やっと、理屈を理解出来るようになりました。

IMG_8481.jpg


1日彫って、あと僅かの所で作業をやめ、翌日完成させました。
やっつけ。にならないように、翌日に作業をまわして良かったです。
これが昨日の話。
昨日は、この1枚を終わらせたあと、いままで彫った20枚を全て見直し、
中には、1枚まるごと彫り直したりして、今日の塗装を迎えました。


塗装についても、二人で、この2週間ずっと悩んでいました。
オイル、ミツロウ、はたまた、化学塗料か…。
お手入れをこまめにするって、難しい。
だけど、時間とともに、変化していくお皿の姿を楽しむ事や、
1枚を末永く愛おしく大切にすることは、オイルやミツロウにしかできないこと。

その一方で、日々の日常生活の中で、気兼ねなくじゃんじゃん使える彫りのプレートの利便性や、
なんといっても、特別な時だけじゃなくて、普通の日の普通の食事のシーンで木のお皿を使ってほしい。
そういう想いが、頭のなかで、チラチラ浮かんでいました。

みなさんの方がご存知かもしれませんが、
彫りのお皿を作っている方は、沢山いらっしゃいます。
今まで出展したクラフトフェアでも、こういったお皿を拝見したり作者の方からお話を伺う事ありました。
塗装は、やはりオイルやミツロウが多かったように記憶しています。
その時は、自分たちがこういったお皿を創る事は考えていませんでしたが、
作家さん達がお皿をお客様へお渡しするときは、扱いについてとても丁寧な説明をされていました。

やはり、これが自然のモノを使うということなのだな。と、学んだ気がします。

確かに、時間をゆっくり感じながら、生活できたら、こうしたいな…と思うのですが、、、
私には、難しい、、というのが正直な所です。

日中ほとんど家に居らず、食事の支度と夜の数時間くらいが自宅にいる時間です。
ズボラなので、毎日掃除はしませんが、洗い物は日に食事を作る度にします。
夜は遅い日などは、浸け置きしてしまいます。
浸け置きしても、軽くて水が染みないホクト59の食器は、私にとって誰よりも重宝する大切なモノです。
だから、今回は、いつも通りにしようということになりました。

きっと、オイルがいい。そういう方もいらっしゃると思います。
ごめんなさい。

今は、まだ踏み切れませんでした。

なにより、自分達がオイルのお皿生活を出来ていないのに、
みなさんにオススメする事はできない。(これから挑戦してみようという話はしています…)



木の食器を毎日の生活で、楽に楽しく使う。
これが、今のホクト59スタイルなのかな。そんな風に感じています。






今日のホクトさん。

本日も座面について考える。



IMG_8482.jpg



あーでもない、こーっちがいいかも、やっぱりあっち!!なんて会話をどのくらいしたのでしょうか。
やっと、納得いく一枚に仕上がったようです。(一安心。)



私は、小さなフォークさんに挑戦。

IMG_8491.jpg


苦手な、ベルトサンダーと格闘していました(汗:。
(※画像は、スポンジサンダーで次の作業中です。)


あー。ワールドカップ最終予選観たいな…( T T:)
でも、朝起きれないので、おやすみなさい。













スポンサーサイト
ホクト59の商品 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
--No title--

とーっても細かな作業なんですねー(*_*)

出来上がったお皿、この目で見たーい(^◇^)

ちいさなフォークさん、
なんだかさっちゃんぽいね。

やっぱり、作品は作った人に似るのかな♪
by: ya * 2013/04/02 09:09 * URL [ 編集] | page top↑
--yaさま--

遅くなりました。ごめんなさい。
やっと、お皿出来上がりましたー。

長かったー。

14日ぜひ観て下さい♡

フォークさんは、私の不器用さが現れている気が…。。。
お皿彫るより何倍も難しかったデス(泣。
やりたい!なんて言うんじゃなかった。。。と後悔しながら、仕上げました(苦笑。
by: ホクト59です。 * 2013/04/08 23:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/551-dc200b98
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: