ホクト59

2017 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

探しています。重要なお知らせ。

2013/03/30(Sat) 00:02
おはようございます。

いつもブログを見て下さってありがとうございます。

今日は、重要な 「お知らせ」&「お詫び」と「お願い」 があります。
長くなりますが、おつきあいの程宜しくお願いいたします。

話は、3日前のこと。
一昨年よりお世話になっている、ホクト59moguカップ及びキッチンツール取扱店、NATURE DESIGN三軒茶屋さんから一通のFAXが届きました。

カップを購入して下さった常連のお客様より、今回購入されたカップの「匂い」が気になるということ。
ショップの担当の方が、湯通しで対応してくださるということで
詳しい方法、対策があったら教えて欲しいと書かれていました。

ちょうど、工場にNATURE DESIGNさんへ2月に納品したカップの在庫があったので、
さっそく自宅でも匂い取りをすることに、、、。

(このカップには、「2013.のハンコが押印。)

自宅で熱湯を入れ確認すると、塗料の香りが強いことに驚きます。
湯を入れると、湯気とともに匂いを感じます。
冷めた水からは、匂いを感じる事はありませんが、
水を捨て、カップ内の水分を拭き取ってから、確認するとやはり匂う。

もちろん、NATURE DESIGNさんへ発送をする際、
こちらで匂いが感じなくなるまで湯通しを行う様にしています。
なぜ、匂いが出たのか。という原因究明とともに、あと、どのくらいの回数湯通しをしたら良いのか。
を、お知らせするため、湯通しを継続。


一昨晩ようやく、湯気に塗料の香りが薄まってきたので、安心したのもつかの間、
翌朝、湯通しをすると、また少し感じるということになり、
どうしたら、匂いが抜けるのか…行き詰まっていたところ…。

ホクトさんひらめく!

「蒸器だ!」

確かに、蒸器なら、高温の蒸気の中、長い時間入れられ、
カップの外からも内からも熱を通すことができるので、
効果がある可能性が高い!!!!!!気がする。

蒸器は、木馬の脚を曲げる為に購入した業務用のもの。


早速専用の袋にカップを入れて蒸器に入れてみました。

4時間後、蒸器から出して、自宅に持ち帰り、袋を空けてみる。

すると、今まで感じていた塗料の香りがツンと鼻につき、
冷ましたカップからは塗料の匂いがほとんど薄れて感じずらくなっていました。


ひとまず、対策方法が判明した事に安堵し、すぐNATURE DESIGNさんへ電話。

一昨日まではメールでのやり取りでしたので、直接お話を伺ったところ、
「匂いが気になる」と申し出て下さったお客様が購入したのは、「2013.2」のカップではなく、
2013.1」だということが判明。

先述の通り、
私たちの手元にあったのは、「2013.2」のカップ。

ということは、
今年作製したカップについて、
塗料の匂いが強く感じるものが「ある」ということになります。

そこで、今年のmoguカップ「2013.1」及び「2013.2」を購入して下さったお客様にお詫びとお知らせがあります。



今年作製した通常のmoguカップは、全て「高崎駅ぐんまいろは伝え人コーナー」及び「NATURE DESIGN」での販売です。材種は、「シオジ 及び ホオ」 になります。

IMG_7659_20130329225508.jpg

IMG_7663_20130329225508.jpg

IMG_8174_20130329225507.jpg






以上の画像のmoguカップを購入されたまたは頂いたというお客様。(カップの裏に「2013.1または2013.2」のハンコが押してある事をご確認下さい。)


この度は、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

まず、原因としましては、寒さというのが大きい要因であると考えられます。
今年の上野村は7年ぶりの大雪という事で、寒さがつづいていました。
可能な限りの対策はとっていたのですが、結果的にご迷惑をおかけすることになり、
お詫びの気持ちでいっぱいです。ごめんなさい。

全てのカップという訳ではありませんが、今回は平均的に厚みがある形で作っていましたので、
いつも創るカップより、塗料を吸い込む量が多くなり、中にしみ込んだ塗料の香りが時間の経過とともに、
表面に出てきたと思われます。カップの完成までに、塗料の硬化日数は経過しており、塗料のメーカーは、匂いの気にならない塗料という説明のもと販売されている塗料です。匂い取りは私たちの判断で独自で行っている事です。もちろん、塗料自体は食品衛生法を通っているものなので体に害はありませんが、不快感を与えてしまったお客様には、心よりお詫び申し上げます。

大変、申し訳ありませんでした。



そこで、ホクト59としての対応ですが、
「2013.1及び2」のハンコが押してあるmoguカップを購入された方で匂いが気になるという方のカップにつきまして、私どもで蒸器による匂い取りをさせて頂きたいと思います。


今回該当するカップを購入されたお客様は取り扱い店舗での販売が主でした。
そのため、該当するカップを購入された方の特定が全てできていません。

該当するカップの詳しい状況は以下の通りです。

2月のシオジ、ホオのカップに関しては、群馬いろはさんへ納めたものは全て回収済み。
他オーダー品も連絡済みです。
購入された方の確認が取れていないのは、NATURE DESIGNさんへ納めたカップのうち、シオジが2点となります。

1月のシオジのカップについて、(ホオはオーダー品のみのため、取り扱い店舗には並んでいません。)
いろはさん(midlle2点、mini5点)、
NATUREさん(mini3点)です。
こちらは、有り難いことに、皆様に購入していただいており、
私たちで回収できるものはほとんどありませんでした。
購入された方が、不明の個数は、いろはさんmiddle2個、mini3点、NATUREさんmini2点の計7点です。

いろはさんでは、購入された方のからのご指摘は、いまのところないようでした。
また、先月、いろはさんで2013.1月のシオジminiを二つ購入して下さったお客様から、
「お茶、ビール、コーヒーなんだも使っています。」と嬉しいメールを頂いていましたので、
全てのカップが、匂いの気になるものに該当する訳ではないと思われます。(だといいのですが…)

該当する9点のカップを購入されたまたは頂いたという皆様で、匂いが気になって使っていない。。。という方、
もしいらっしいましたら是非ご連絡をお待ちしております。
(贈答品で購入して下さったお客様、可能でしたらプレゼントを送った方に確認をとっていただけますよう、
ご協力お願いいたします。)


そこで、大変お手数ですが、該当されるお客様につきましては、
このブログの右側下にあるお問い合わせ欄よりご連絡の上、
こちらまで、着払い用紙にて、発送して頂けますようお願いいたします。

住所:群馬県多野郡上野村楢原1869−2 ホクト59宛


後日、匂い取りが完了しましたら、こちらから発送にて返却させて頂きます。


(※ NATURE DESIGNさんへ、カップを持ってきて下さったお客様。
   いつもblogを見て下さってありがとうございます。
   お客さまのカップは、NATURE DESIGN店員のI様より私どもへ送って頂く
   連絡をしております。しばらくお待ち下さい。)

また、昨日NATURE DESIGNの担当の方に伺った所、先週末岡崎製材さんの本社にてイベントがあり、
そちらでカップを購入して下さった方が、いらっしゃるということでした。
岡崎製材さんの本社は愛知県にあるという事で、そちらのほうにお住まいの方かもしれません。
私たちも、東海の方へは、一昨年の静岡アートクラフトフェアの1度だけで、
イベントの出展も通常の取り扱い店舗も無い場所です。



どうか、該当される方で、匂いが気になるという方は、ご連絡をお願いいたします。


また、群馬いろはさんにて、限定品として販売した「チョコmogu」についても、
もし匂いの不快感があるという方がいましたら、同様の対応をさせていただきます。



最後になりましたが、いままで延べ300個以上のカップを創らせていただきました。
特に昨年に関しましては、カップの在庫が常に手元に無い状態が続き、
自転車操業のように、カップを作製していました。
それも、みなさまの御蔭だと心より感謝しております。

そんな中、季節やその日の気候に対する塗料や木の変化への経験として、
今回の事や、昨年の夏の失敗は、自分たちにとって大変貴重な出来事となりました。

顔なじみのお客様も増えましたし、
多くのお客様が結婚祝いにとmoguカップを購入して下さいました。

そいうった皆様の信用を裏切ることにならないよう、
仕事に取り組んでいきたいと思います。


最後まで、読んで下さったみなさま、ありがとうございました。

繰り返しになりますが、
該当されるお客様、匂いが感じるという方は、ブログ右下お問い合わせからご連絡の上、
着払いにてホクト59へ送って下さい。

または、4月からのイベントへお越し下さる予定のある方は、持参いただければお預かりいたします。


ご迷惑をおかけしたお客様、関係者の皆様大変申し訳ありませんでした。
皆様のご協力心よりお願い申し上げます。


ホクト59

スポンサーサイト
お知らせ コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/552-abac1e9b
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: