ホクト59

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

高級スプーン

2013/04/17(Wed) 00:15
早朝6時に家を出発して、マウンテンバイクを乗りに、旧十石峠へ行ってきました。

yotaccoつねくんと。

頂上まで車で行き、舗装されていな林道を下ってきます。


IMG_7635_20130416230330.jpg


静かな森の中を走り抜けるのは、快感。
良い運動にもなるので、一石二鳥です。

自然に遊んでもらうのは楽しい。



朝から運動したので、気持ちよく仕事ができました。

今日の仕事は、1本5000円の高級スプーンの塗装です。

一昨年に製作の依頼をいただいて、話を詰めつめていました。

ご要望としては、
すくう凹部分は、お客様お気に入りの樹脂製のスプーを原型に、
持ち手は薄めで、置いたといに転がらない様に。


材料は、ポコーテ。
希少な材です。

ポコーテかポコテか、自信がなかったので調べると、リオグランデパリサンダーとも呼ばれているっぽいです。
同じ木なのか、不明です。

同じ木なら、ポコーテって呼びたいな。


注文していただいた本数は、とりあえず6本。

治具を作るほどの数ではないので、
スプーンを上と横から見た形の型のみ。
すくう凹部分は、感触と感覚を頼りに彫りました。


彫刻刀で、粗彫
材が硬いので、柔らかい木を彫っていた鋭角な刃先の彫刻刀では、刃が欠けてしまい、すぐに切れなくなってしまったので、角度を鈍角に研ぎ直して彫りました。

IMG_8977.jpg



ある程度彫れたら、スクレーパーを使い、凹凸をならす。

IMG_8980.jpg


まわりをベルトサンダーで整え、

ヤスリで仕上げる。

IMG_9024.jpg


塗装。
1回目の塗装は、木本来の色が顔を出す瞬間です。

IMG_9028.jpg

木地の色から、黄金檀と呼ばれます。

実物は、何とも言えない高級感が漂います。

塗装を4回重ねて完成です。







スポンサーサイト
オーダー品 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/565-e3ac2103
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: