ホクト59

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

日曜日のこと。

2013/05/28(Tue) 20:09
日曜日。

今日の天気からは想像付かないくらい、、、暑かった。



午前中、前橋へ。


去年から楽しみにしていました。
大和美術工芸さんの親子個展、「感情想創」。


まずは、父、弘尚さんの作品。




IMG_0160.jpg




IMG_0155_20130528190724.jpg





IMG_0153.jpg




IMG_0154_20130528190725.jpg



IMG_0151_20130528190725.jpg




煤竹(すすだけ)の結界↑。

煤竹…古い藁葺き屋根民家の屋根裏や天井からとれる竹のこと。
   100年から200年以上という永い年月をかけ、囲炉裏の煙で燻されて
   自然についた独特の茶褐色や飴色に変色しているのが特徴。
   煙が直接当たっている部分は色濃く変色しているが、
   縄などが巻かれて直接煙が当たらなかった部分は
   変色が薄く、ゆえに1本の竹に濃淡が出て美しい表情をもつ。
   昨今は煤竹そのものの数が希少傾向にあり、
   価格は1本で数十万円以上することも普通である。
   
竹の中まで煤が染みるのは、100年では無理という。
100年から120年、150年、200年と、年月を経て、
じっくりと染みた煤の色はなんとも言えない美しさ。


実際の家屋で使われていた竹の煤竹だからこその、ムラ。
濃い淡いのコントラストが、何とも言えない雰囲気を醸し出していました。



結界…茶道用語。道具畳の向こうに客畳のある広間などで、
   その仕切りに置くもの。結界の語は、仏教から来たもので、Simabandhaの訳語とされる。
   sima(シーマー)は境界で、やくざの世界で使う「シマ」(縄張り)の語源とされ、
   bandha(バンダー)は錠・封の意で、『十誦律』に「僧一布薩共住。隨共住幾許結界内」
   とあるように、同じ会に属し共同の生活をする僧の住まう地域を区画すること。


美しい煤竹と弘尚さんの丁寧な仕事が生み出した作品です。
私たちがこの世に生まれるずっとずっと前の時代を知る煤竹。
次元の結界でもあるのかなーと。
まるで、結界の向こうは、はるか昔の時間を彷彿とさせるようで、魅せられてしまいました。



IMG_0156.jpg






続いて、息子、和也さんの作品。


版画。

IMG_0157.jpg



書。

IMG_0148.jpg



壁一面に、イラスト落書き。(かなりの枚数が飾られています。)

好きな作品に、お花(もしくは、チョウチョ)を貼って下さい。と、折り紙で作られた、小さなお花が用意されています。みんさんもお気に入りに、お花を咲かせてきてください。

じっくり一枚、一枚拝見していたら、あっという間に2時間が過ぎていました。
みなさん、時間に余裕を持ってお出掛けする事をオススメします。


IMG_0149.jpg






IMG_0159.jpg



お気に入り。


IMG_0158.jpg


こちらは、非売品ですが、和也さんの技のすごさは、ここにアリ。
という事で、載せます。
平面を立体で表現する。しかも、綿密に。正確に。美しく。
これぞ、和也さん。と個人的に思っています。(あんまり書くと怒られるのでココまで。。)

IMG_0150.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前橋へ行ったので、こちらでお昼。


はじめてのTombo Bakery.



IMG_0164.jpg





IMG_0161.jpg


落ち着く、優しい空間にホッと一息できました。

IMG_0163.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最後にこちらへ。

終了30分前に到着。




IMG_0176.jpg



もうないだろうな…と諦めていたら、最後のワンセットが…(神様!!!!)
もちろん、美味しくいただきました。


IMG_0169_20130528194049.jpg




小箱さん。

IMG_0178_20130528194047.jpg





so-yaさん。



IMG_0180.jpg



ちゃんと、「仕事」の打ち合わせもしました。
これが目的のようで…、これが口実のようでもありました…。


IMG_0177_20130528194048.jpg



いつもいろはチェックしてくださる、お客様がいらしたよ〜と、so-yaさん。
Yさま。getありがとうございます。
食べ盛りのご家族仲良く召し上がっていただけると嬉しいです。



暖かな日曜日のお話でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宮川さんの個展は、6月2日まで開催されます。くわしくは、こちらをチェック→



















スポンサーサイト
個展 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/596-707e0c4c
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: