ホクト59

2017 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

メ゛ェ〜

2013/12/06(Fri) 20:41
高崎駅で販売をする、クリスマスギフト。

今年は、木箱にmoguカップを入れて販売する事にしました。

その木箱を作るにあたって、大きめの焼き印を押したくなり、
新たにデザインする事にしました。
目指せ、バッド&ジョーイの木箱。


決めなければいけないこと、考えなくてはならないこと、
もう一つは、焼き印のデザインでした。

新たにデザインするといっても、そう簡単にアイディアが浮かぶはずも無く。
妻は、寝込む寸前まで悩んでいました。

僕が、焼き印で表現したい思いを伝えて、数日後に完成。
完成させたデータを、自信満々で大先輩に見てもらうと。

「個人企業としての、自由さに欠ける。」

と、バッサリ。

その時は、愕然としましたが、
今思えば、大手のホテルのロゴマークのようでした。

それから、数日後の朝。
妻が思いついたのが、
友人の出産祝で製作をした、ホクト59唯一の遊具。
羊の木馬でした。

IMG_2108_20131206201847e63.jpg

ここからは、テンポ良く進み、焼印の製作を ソイテックさんにお願いしました。
待つ事1週間。
今日待ちにまった印判が届きました。




IMG_0161_20131206182954104.jpg


さっそく焼印機YE-85にセットして、ホットスタンプ。

IMG_0164_2013120618295400b.jpg

そこには、羊の木馬が、

IMG_0176_201312061829531c5.jpg

9月からデザインを考え始めて3ヶ月間。
ようやく形になりました...。



今後、家具にも羊の焼き印を押します。

小振りな羊焼印を作って、
naminoriやmoguカップを、椅子焼印から羊に変更していく予定でいます。


スポンサーサイト
工房の話 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
--こんにちは♪--

はじめまして。
casa BRUTUSでホクト59さんの作品を知り、とても興味を持ちました。(特に木ベラが欲しいんです♪)
私は大阪在住なのですが、大阪で購入できる場所などありますか?もしくはオンラインなどで購入できるようでしたら、お教えいただけるとうれしいです。
by: maki * 2013/12/10 11:48 * URL [ 編集] | page top↑
--makiさま--

コメントありがとうございます。
はじめまして。
ホクト59の関根です。
casa BRUTUSご覧いただきありがとうございます。
ご質問にあった、木べらは「はちのはね」という商品で、
柄が長く、真ん中を持つほど軽くなるよう重量感に一工夫してあるものです。
ジャムやベシャメルソース作り、またチャーハンにご好評いただいています。
大変申し訳ないのですが、現在手元の在庫はございません。
12月から3月までは家具作りが中心となるため、春からのイベントに向けてその合間に製作していくことになります。もし、お待ちいただけるようであれば、制作した際にご連絡させていただきたいと思っております。

大阪近辺では取り扱いもなく、オンラインショップもしておりませんので、
製作時に画像をメールして選んでいただき、発送させていただくようになります。
人違いでしたら申し訳ないのですが、最近facebookの方にもいいね!をしていただいた方かと予想しております。
ありがとうございます。
そちらの方で画像のやりとりをさせていただくか、「お問い合わせはこちらから」よりパソコンのメールアドレスでご連絡いただければと思います。

気長にお待ちいただけるようであれば、ご検討よろしくお願いします。

ホクト59



> はじめまして。
> casa BRUTUSでホクト59さんの作品を知り、とても興味を持ちました。(特に木ベラが欲しいんです♪)
> 私は大阪在住なのですが、大阪で購入できる場所などありますか?もしくはオンラインなどで購入できるようでしたら、お教えいただけるとうれしいです。
by: ホクト59です。 * 2013/12/12 12:21 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/675-83a7c094
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: