ホクト59

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

カバ

2013/12/19(Thu) 00:29

家具を製作すればするほど、作業台の大切さに気づかさられます。

今使っている作業台は、台の上にコンパネを敷き、BS-2型 台上速締式の木工万力をつけています。
この状態で小物を作るには何の不自由もないのですが、家具製作には力不足です。
板に鉋をかける時は、アテ台をひっぱりだして来ての作業…。
椅子のパーツを仕上げるのに、左手で材を抑えながらの作業なんて事も日常茶飯事です。

長い長い木工人生です。
少し位お金がかかっても、使い易くて丈夫な作業台を作る事にしました。

ネットで検索、you tube で研究した結果。
目指す作業台は、カバを使って、ショルダーバイスとテールバイスを装着した、西洋式のワークベンチ。

形が決まり、いざ材料を探すと、材料が無いんですね。
カバの2m50㎝厚い乾燥材。

材料屋さんに行く度に、カバカバって言ってたんですが、
昔は、良いのがあったんだけどね。
と言われるばかりで…。

材料を探す事、丁度1年。

愛知県に、カバがあるとの情報が入り、先週の土曜日に行ってきました。
群馬から愛知、往復700キロの道のりです。
倉庫には、神社仏閣に使用する予定のカバの敷居材が20本近くありました。

長さが4mから2mのまっすぐなカバを見た時は、嬉しくて涙が出そうでしたよ。

しかもしかも、倉庫で立て掛けられて21年。
乾燥十分です。

念願の西洋式ワークベンチに、1歩近づきました。


それとは別に、山桜の板を仕入れて。

IMG_0209.jpg

材料が入ると、桟を入れて積んで、配置を変えて。

IMG_0210.jpg


今月は、材料をいじくってばかりで、機械にあまり触っていないな。

IMG_0182_20131218215809dee.jpg

これは、クリの板。

ご注文頂いた、折りたたみのローテーブルの製作を始めています。


ローテーブルが仕上がると、福島にテーブル材を引き取りに行かないと。

その前に、本栖湖に行かないとだ。

キャンプしに。






スポンサーサイト
木の話 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/677-6c66786b
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: