ホクト59

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

 新シリーズ できました◎

2014/09/11(Thu) 21:10
ホクト59はこれまで「家具とカップ、キッチンツール」を軸として製作をしてきました。

IMG_9586_201409112254194b8.jpg


それらを、mogu(木具:家具、木の道具の意)シリーズとし、
今回新シリーズを展開します。

その名は、「kico(木粉)シリーズ」。

木の粉と、樹脂の融合。

木の粉???…そう、それは、木を切れば必ず出る オガ という奴です。
材種毎にオガを集め、ふるいにかけて、使います。

いままで、やってみたかったこと、作ってみたいモノ…それらが、5年という歳月の中で、
パズルのピースのように合わさり、形となった。そんな瞬間でもありました。


全てがバラバラだったのに、今こうして1つになって、形を成す。
なんとも、不思議な感じがします。


今日は、新シリーズの中で、私が取り組んだモノをご紹介します。


まだ、会社員の頃。
私は、クラフトフェアという存在も知らなくて、
退職し、この世界があることを知った時は、まるで異国に来た様な気分。
面白い世界を知った!という感じでした。

とは言っても、今まで見てきた生きていた世界と全く違うので、
正直言うと、木のアクセサリーを初めて見た時に、すごい違和感がありました。
いったいどんな服装で、どんな人が身につけるのか…想像もつきませんでした。


中学生の頃、美術の授業で鍋敷きに模様を彫りました。
その頃から、彫る。という作業が好きでした。
大人になって働いて、そんなことも忘れていました。

でも、木彫の前沢さんに出会ったり、仲良くしている人の創るモノを見たりして、
自分もやっぱり彫りたくなって、へたくそな人を彫ったり、すぐ折れるペンダントトップを削ったり…。
結局丁寧に真面目に彫るというお皿彫りを黙々とすることなら、できるということで落ち着きました。






海






そして、この夏。立体を彫ることに再び挑戦。







何をモチーフにするのか、悩み、考える…
羊のショーンが好きだし、ロゴにもしてるし、と羊におさまり…。

ひつじ1


切り抜く。

ひつじ2



とにかく、彫る。


ひつじ3


そうして、型を作り、木の粉と樹脂の配合を試す日々…。

ひつじ4



うまく固まらない日もあったな…。
空気が入って、耳がかけてしまう事もあったし。
まだまだ、発展途中ですが、
理科の実験の記録のように、配合とやり方を記録して、この度完成。 

「羊のブローチ」 できました。 

ひつじ6


可愛い…というのが、うまれてこの方苦手なもので、シックな感じの羊です。
目下、パッケージ製作中〜。



///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


9/13.14.15創造の森上野村フェスティバルにてお持ちしております。


スポンサーサイト
ホクト59の商品 コメント:- トラックバック:0
トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/767-abdf96dc
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: