ホクト59

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

ホクト59の愛でるモノ展 取材日誌 vo.5 Tsuchioto

2014/09/25(Thu) 19:42
最後の取材は、鉄を叩く男。

tsuchioto(土音)の 岩田 元 さんです。


iwata6.jpg


上野村の方はご存知の方も多いかと思います。

かつて森林組合でホクトさんと共に働いていた、岩田さん。
大学時代学ばれた鉄をやっぱり叩きたい!と、上野村から秩父の有名な工房へ修行へ行き、
現在は、地元静岡の自宅で、鉄を叩いております。


本当は、熱い鉄を叩く男の姿をここでお見せしたかったのですが、ホクト59もなかなか追い込まれており、
工人船工房の下澤さんを尋ねた足で、岩田さんが出展するという「御殿場クラフトフェア」に行ってきました。
(代わりに、キッシュをほおばる二人の写真です。)


IMG_5879.jpg






今回の愛でるモノ展では、作り手の年齢層の幅が広いのも特徴の1つです。
ホンモノを造り出す手と、そこを目指す新しい手から生み出されたモノが同じ空間に並ぶ9日間。
共通して言えるのは、それぞれが妥協をしない精一杯のモノ創りをしているという事。
他人と自分を比べてなにかを言うのではなくて、自分で自分を高める。
人様と比べて、モノを言うことは、ある種逃げ道にもなり得ます。

そうではなく、あるようで無いモノを.
誰かを驚かせたり、笑顔に出来るモノを.
そして何より自分に恥じないモノを。。。
そういう思いでそれぞれが、己を高める努力を惜しまない。
今回、私たちが声をかけさせていただいたみなさんは、そういう方々なんだと取材を重ねて思いました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<鉄を叩く男の作品紹介>(価格付き)

っと、その前に、企画展では見えない部分の話。
実は、この企画展にお声掛けをした際、岩田さんだけにいくつかの「わがまま」をお願いしました。
新しいモノを創るという事は簡単では無いと分かった上で、それでもお願いしました。
そのせいで、参加を一時保留にしたいとの連絡がありました。
岩田さんは友達であります。でも今回は、仕事で関わる…その難しさ。
そんなことをこの企画展の話を進めるにあたり、経験することになりました。
少し時間があった御蔭で、お互いの思いを話し聞く事ができ、最終的に参加を決め、
製作に邁進して下さった岩田さん。心より、感謝いたします。


わがままシリーズ1:「釣り銭トレー」¥4200-
2時間叩き続けるそうです。(…ごめんなさい。でも、お願いして良かったと思います。)


iwata2.jpg




わがままシリーズ2:「ペーパーウエイト」S¥2700-/L¥3000-


iwata3.jpg






わがままシリーズ3:「namecards stand」¥2700-

出展時に欲しいなーといつも思っていたモノ。名刺やshopカードを立てるのにいかがでしょう。


IMG_5885.jpg


今回、わがままで、店舗やイベント出展時される皆様向けのモノをお願いしました。
自分たちが出展していて欲しいなーと感じていたモノです。
鉄の設備がないのでホクト59ではできないモノばかり。
野外出展では、風が天敵ですので、あると心強いモノを揃えていただきました。


最後に、定番:「candle plate」

IMG_5882.jpg

こちらは、我が家でも使っています、蓮の葉のキャンドルプレート。¥4500-
これからの時期、灯りを灯す機会が増えそうです。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

そうそう、愛でる…なんて読むの?「めでる」です。

<愛でる> には、これらの意味があります。
1 美しさを味わい感動する。「月を―・でる」
2 いつくしみ、愛する。かわいがる。「小鳥を―・でる」
3 感心する。ほめる。「勇気に―・でてその行動を許す」

…「美しさを味わい感動する。」

モノが人の心を動かす瞬間が思い浮かびました。
そこで、この企画展を「愛でるモノ展」としました。



ちなみに<愛する>は、こちら。
1 かわいがり、いつくしむ。愛情を注ぐ。「我が子を―・する」
2 異性を慕う。恋する。「―・する人と結ばれる」
3 とりわけ好み、それに親しむ。「音楽を―・する」
4 かけがえのないものとして、それを心から大切にする。「祖国を―・する」
5 機嫌をとる。あやす。
「よしよし、しばし―・せよ」〈平家・九〉
6 気に入って執着する。
「六趣に輪廻(りんゑ)することは、ただ一塵のたくはへをむさぼり―・するゆゑなり」〈今昔・五・一五〉




人数は少ないですが、濃密な時間を過ごしていただけると思います。
ぜひ、お出掛け下さい。




IMG_5914.jpg



10/4(土)〜12(日) ホクト59の愛でるモノ展 
会場:おかって市場
同時開催:秋のパンまつりatTOMIOKA / つきいちマルシェ(おかって市場ブログ)


みなさまのご来場をお待ちしております。
スポンサーサイト
個展 コメント:- トラックバック:0
トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/772-98b3141e
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: