ホクト59

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

餅は餅屋。〜ヒトヤスミの日。mayupan köbö × HOKUTO59〜

2017/03/26(Sun) 06:17
「明日は雨。」(もう、今日)
晴れ女のまゆパンさんは、そんなはずはない!!と、数日前から空にまじないをかけていましたが、
どうも、雨⚪︎⚪︎の方が強そうな予報です。大逆転なるか!???



_MG_6419.jpg
作った帯を印刷しようとしたら、データーごと電源が切れました。なので、コピー用紙の帯です:涙


さて、お天気ばかりはどうにもならないので、ちょっと隅っこに置いといて、
本日はヒトヤスミの日。では、新しいカッティングボード、正確には「BREAD BOARD」を販売します。

今回のテーマは、「まゆパンのトーストブレッドに合う。」というのが大きな柱でした:笑。
ピンポイント過ぎますね。

なぜ、このテーマかと言いますと..(.長いですよ、長い。短くしたけど長い。時間がある方お付き合い下さい。)

思い起こせば、なん年前かな。
、、、、とにかく、ずいぶん前。

群馬県には、TomBo Bakeryというドイツ系のパン屋さんがございました。
トンボさんのパンに出会い、それまでのパンへの概念がクルリンパ!!と変わり、
それからは、ギュッとしたパンを好むようになりました。

食卓には、パンが並ぶこともぐぐんと増え、サラダとパンとスープという組み合わせ。

パンを切るときには、厚いカッティングボードでないと動いてしまうんだな。とか、
どんなお皿がいいんだろうとか、そのまま食卓に出せるといいのかな。
ん??そんな大雑把なのは、私だけ???などなど、頭の中に浮かでは消えていました。

そうこうしているうちに、トンボさんも閉店(涙)。パン生活とは離れていくようになりました。

ところで、当時イベントで販売していたカッティングボードは、
アウトドアで使える&日常のサブまな板」をコンセプトに置いた、薄くて乾きやすく軽い形状のものでした。
通常の厚いカッティングボードは他の方も作っていましたし、
まな板はそれに適した材でまな板をつくる専門のお店がありますから、
他の方と同じことをしては意味がないと、自分たちらしさ。を表現すること考えて製作していました。
(当時は特にそういう考えが強かったです。)

家具などには寸足らずな半端な長さの材木を使うことで価格も抑えられることもあり、
ありがたいことにたくさんの方に求めていただけました。

しかし、一方で、買いやすさから使用用途がコンセプトとは違うベクトルに向いてしまい、
商品に求められている要素と商品のコンセプトの食い違いを感じてもいました。

と同時に、私たちも出店販売から店舗販売へ移行していた時期でしたので、
お店でも販売できるような定番の形を一つ作り上げよう。という気持ちを抱くようになりました。



_MG_6275.jpg
ちょっと、ブレイク/まゆパントーストブレッドサンド、ルヴァンカンパーニュ、再生した豆苗サラダ/


そんな頃、まゆパンさんから、一通のメールが届きます。

まゆパンさんのお知り合いが、うちのカッティングボードを持っていて、
欲しい!と思ってくださったそうで、あの人となりを表すかの如く(笑)、
ご丁寧に熱いあっついメールをくださいました。

それがご縁となり、あれよあれよと言う間に、3年が経とうとしています。

その間に、HOKUTO59でも常に議題にあった定番のカッティングボード。
たしか、テーマは、「日常使いできる本当のサブのまな板」といったところで模索開始したと思います。
しかし、世の中に数多とあるカッティングボードの中で、お客様に手にとっていただける一品を作るというのは、
とても難しいことです。(椅子も、テーブルも然り)
まな板は、ヒバや柳、イチョウを使いますが、うちは扱っていない材なので、
うーん、本当にサブのまな板でいいのか?なんて考えながら、料理をするのは世界共通!
というわけで、海外に目を向けたりもしました。
日本人の概念を尊重しつつも、実用性のあるようなものを生み出せたらいいなという思いがありました。

しかし、
ゴールが見えるとぶつかる壁。
(まぁだいたい、価格ですね、うちの場合:苦笑)
めっちゃかっこいいー。でも、高っ。
というおきまりの流れは、コントのように繰り返されるのでした。
自分たちで作った壁はいつも難航不落です。

ふぅ。


生み出した形は、いつも価格の壁にぶち当たる。
でも生み出したい形は、譲れない。


,,,,販売にたどり着かない。



はぁ。


_MG_6193.jpg
ちょっとブレイク2/ブーランジェリ・ドリアンのチョコパン



そんな中、まゆさんから、ご相談がありました。
まゆさん: 『まゆパンに合うカッティングボードがないの。
      そして、まゆパンに合うカッティングボードを販売したい!!!』

平素HOKUTO59では、自分たちの納得したものを販売していきたいという考えから、
OEMやODMのお仕事はご遠慮させていただいております。

まゆパン大好物ですし、トンボロスから私を救ってくれたのは、まゆパンです。
(まゆパン導入後、少しパンの日が復活しました。)
彼女の松岡修造さん並みの熱意も好きですが、仕事は仕事。私はあくまでも助手なのです。
ごめんよ、まゆさん。どう転んでも、まゆさんが販売する以上、要望全て叶えたご希望のものを作ることは
うちにはできないということをまずお詫びしました。

その上で、こんなご提案をしました。

HOKUTO59:『でもね、タイミングよく(!?:苦笑)、停滞前線にあった定番のカッティングボードがあるの。
       それをブレッドボードとして、一緒に作り上げていくのなら可能だけどどうでしょうか?』


餅は餅屋というように、パンのことはパン屋に聞くのが一番。
その代わり、木のことは木工屋に一任欲しい。それでもいいのなら。。。


というわけで、ここからゴールの見えそうで見えない険しい道のりが始まるのでした。。。

_MG_6178.jpg
ちょっとブレイクラスト/まゆさんの求めるトーストブレッドとサラダがのるブレッドボード


そもそも、トンボパンに出会ったことでパンが食卓に並ぶことが増え、
それに使えるようなカッティングボードが欲しかったんじゃないか!と
ずいぶん前に自分が感じていたことにヒントがあったことを思い起こし、その当時も振り返りながらミーティング。
当時引っかかっていたのは、世間の方がお皿としても使うのか?という点でしたが、


まゆさん:   『お皿としても使いたいの、でもパンも切りたいの、でも、トーストブレッドでかくて合わないの!』
私 :     『(トーストブレッドがでかいのはまゆさんの型の問題とかもあるでしょうからともかく置いといて)
      それってズボラな私とか、豪快なまゆさんだけじゃなくて???』
まゆさん: 『うーん?でもお客さんに、なかなかいいブレッドボードに出会わないって紹介してって言われるんだよ〜
      朝さぁ、トキオのラブユーオンリーを聞きながらさーまゆパンモーニング食べるときに、
      (手で見せてくれます)
      こうトーストブレッドとサラダを盛ったのをテーブルに運んで、 コーヒーとモーニングしたいんだぁ。
      だからあんまり重いのは嫌だけど、パン切るから厚みも欲しいの!できたら、楕円がいい。四角より丸〜。
      でもパンもサラダものせたいから大きいのが欲しい〜。』
私 :  『...シーン.....(恐る恐る)ちなみに価格は??』
まゆさん: 『価格はー、⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎円!か、⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎円以内』
私 :  『....シーン....(そこにあふれているのは、紛れもなく私よりわがままな要望が出揃ったのでした。) 
      .....とりあえず、話してみるわ(北斗さんすまぬ...)。』

がしかしそれが率直な意見であり、だからこそなかなか売っていないわけですね。
個人のオーダーだったら問題ないのですが、販売となると考えることがどっと増えます。
それゆえに、コラボとかそういった類のお仕事は受けていないわけで。。。
この企画が無事に着地できるかは、いやもう、なんとしてでも着地させるべく奮闘が始まるのでした。

サイズも木工屋の仕事で考えると不都合が生じるため、作るにはいくつもの調整が必要でした。
これをやりきるには、もう中途半端には終わりにはできません。
うちもうちで、今回の目的として「定番として販売する」という大きな目標を掲げたので、
何が何でも実現させねば(メラメラ)、、、、。


(ここで一気に割愛します。)
_MG_6384.jpg


そういってから、カクカクシカジカで出来上がったのは、3枚。

そう、やっとの想いで3枚。

たった3枚?なんて絶対言わないで欲しい、思わないで欲しい。
本当にすんごくめちゃめちゃ北斗さん頑張ってくれたんです。

ものを生み出すのは本当に難しいことです。
そばにいる素人助手でも、目にしているとどれだけ大変な作業であるかということは、痛いほどわかります。



双方の目的を達成するため、妥協せず、ギリギリまで、変更しました。
試作して、翌日作り直しして、、、、
そう驚くなかれ、サンプルができたのは水曜日。
はい、カレンダーを見てください、水曜日は22日、今日は25日。
そして、あしたは、、、せーの「ヒトヤスミの日。」

だんだん寒くなってきたし、本当にヒトヤスミになるかもしれないけれど、やりきりました。



二人で納得いくもの大変なのに、三人,,,どうなることかと思いましたが、無事に販売日にこぎつけました。


きっと、
「トーストブレッドをカリカリにトーストしたら、ブレッドボードにのせて食卓へGO!!してください。」
なんて言われることでしょう:笑。



他の仕事の都合で本格的な製作までは時間が空きますが、明日は3枚販売します。


これは、うちに限ったことではないですが、
どんなまな板にも言えますが、風に当てたり、日差しに当てるとヒビの原因になるのでお気をつけ下さいませ。




※餅は餅屋 : 物事はそれぞれその道の専門家に任せるのがよいというたとえ。



サイズ:330*225*25
材種:カエデ
価格:¥3900(税抜)
※一枚板ではありません。


今日はなっから寒げ。家から一歩出ようという志の高き皆様、暖かくしてお出かけください。
では、まゆパン工房さんリクエストのTOKIO ラブユーオンリーを聞きながら、出発します🎶

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ホクト59HP ▶︎ hokuto59.com
#ダイニングセット #椅子 #北欧家具 #群馬 #テーブル #無垢 #オーダー家具 #木製

/////お知らせ/////

出展スケジュール 
3/26 ヒトヤスミの日▶︎まゆパン工房blog
4/8-9 静岡art&craft▶︎art&craft Instagram
4/15-16 群馬の森クラフトフェア▶︎群馬の森クラフトフェアHP
5/14 動楽市▶︎動楽市facebook






スポンサーサイト
ホクト59の商品 コメント:- トラックバック:0
トラックバック:
トラックバック URL
→http://840427.blog22.fc2.com/tb.php/949-be31459d
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: