ホクト59

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

ホクト59の愛でるモノ展 取材日誌vo.4 下澤豊さん 工人工房 続き。

2014/09/25(Thu) 18:37
先日blogにて紹介した、工人船工房 下澤さん。

IMG_5856.jpg



今回、企画展の依頼が5月と急でした。
そのため、受注製作という事でご参加いただけることになりました。


5月に依頼したなら5ヶ月もあるしなにか出来るんじゃない???と、思われる方も多いかと思います。

でも、モノ創りってなかなかそうもいかないんです。
私たちも、5月のお誘いで、よく快諾頂けたな〜と驚いています。


今日は、企画展では見えない部分の話をしたいと思います。

その前に、下澤さんの活動方針をお伝えしますね。
下澤さんの場合、取り扱い店舗やギャラリーでの販売を一切せず、
その分全国のクラフトフェアに足を多く運ばれ展示販売をし、注文を頂戴する形をとっています。

また、日常使いに特化した製作をメインとしているため、
竹編みの作品というものではなく、日常に豊かさをプラスするモノ創りを続けてこられました。


(製作途中のあれこれ。)

IMG_5845.jpg


さて、話は戻ります。
下澤さんの竹編みは、丁度これからの時期、竹やぶから竹を切る作業から始まります。
竹の長さは、8m。天高くそびえ立つ竹を息子さんと切り出します。
秋から冬にかけて、翌年使う分の竹を切ります。
切った竹は、自作の窯でぐつぐつ煮るんだそうです。
煮た竹の表面には、ロウが浮くそうで、それを熱いうちに拭き取り、ひと月程干す。
そうして、乾燥した竹を「さらし竹」と呼ぶそうで、こちらを使用します。


IMG_5843.jpg



竹は一度切ってしまうと、しなやかさがどんどん失われてしまうので、
1年以内に使い切る事を大切にされています。

なぜ、「煮る」という手間をかけるのですか? と尋ねると、
『余分な油分と栄養を抜く事で、虫に食われにくくするため』というお答えでした。
虫も、美味しくないので食べないという訳です。


(余談ですが、さらし竹ではない下準備には、「青竹の皮を剥く。」というやり方もあるそうです。
青竹のそのまま使用すると、時間が経った時に「色むら」がでてくるので、それを防ぐためということでした。)


そうして、丁寧に処理を重ねた「さらし竹」を今度は、節毎に割り、さらにそれを編めるように細く裂いていきます。節の長さもそれぞれの竹で(先端、根本、はえている場所)異なります。
また、同じ「さらし竹でも色が微妙に異なるので色合わせも大事だとか…。
創る品物に見合った竹を準備できたところで、ようやっと編みをはじめられるというわけです。

木工で言うなら、自分で木を伐採して、山から運び出し、皮を剥いて製材して、乾燥させるという行程を、
全てご自分でまかなっておられるわけです。
ですから、製作ばかりに時間が割けないというのも納得いただけるのではないかと思います。




<さらし竹の色合わせ。>
左が色合わせした「さらし竹」、右が色合わせしていないモノ。

「好みもあるとおもうんだけどね、でもやっぱりね…」と息子さん。

そういうところ、大事なんだと思います。

IMG_5849.jpg









また、下澤さんの品物には、「籐」も使われています。
前回のブログで書いた、篭バックの底の直しの部分、あそこが籐です。
ホクト59の愛でるモノ展 取材日誌 vo.4 工人船工房



また、バックの持ち手も籐。

籐は、今や竹よりもコストが高く、購入しても4割ははじく…つまり使える所は6割ということでした。
それでも、大事な部分で籐を使うのは、やはり籐の持つ柔らかさと表面の強さ。
仕事の始末もより美しくすることが可能です。

細かな所まで、気を抜かない下澤さんの品物は、ぜひお手にとってご覧いただきたいモノばかりです。

他の方と比べるのは良く無いですが、比べると一目瞭然です。
圧倒的な仕事の美しさ、処理の正確さが伺えます。
価格も、同じ価格で同じ編みのモノをネットなどで比べると、品質は数段上。

押し売りではありません。
ですが、ぜひ見て頂きたい「ホンモノ」です。



ここで、「工人船工房」という工房名の由来をご紹介します。
工房を始めて20年という下澤さんですが、20年前大分に住まわれていた頃、
一緒に活動していたグループの名前が、「工人船工房」だったそうです。
それを、独立の際に仲間のみんなの了承を得て、譲り受けたということでした。
だから、「船」だったんですねー。

竹の世界は、若い方が少ないそうです。
九州の方の工房では、ここ25.6年新しい人が入っていないそう。
入っても、「ここの始末を…」なんてお願いするだけで、嫌になってしまうとか…

でも、やっぱり、最後の処理がどうかで、そのモノとその創る人が出ると思うんだけどなー。。。と
お話を伺いながら、複雑な心境になりました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


現在下澤さんの品物のみ受注製作のため、価格表 の事前告知の準備をしています。
近日ブログにて、お知らせします。


10/4(土)〜12(日) ホクト59の愛でるモノ展 
会場:おかって市場
同時開催:秋のパンまつりatTOMIOKA / つきいちマルシェ(おかって市場ブログ)


みなさまのご来場をお待ちしております。
個展 コメント:- トラックバック:0

ホクト59の愛でるモノ展 vo.3 前沢泰史さん 長瀞(埼玉)

2014/08/16(Sat) 11:05

maezawa7.jpg



2014.8.12 : 埼玉の長瀞にある 木彫の前沢泰史さんのアトリエへ。

できたてのアトリエ。手入れされたお庭。
静かにちりばめられた木彫達。

何度見ても、みとれてしまいます。


木のありのままの形状を活かした作品(非売品)

mawzawa1.jpg



元々仏像がお好きだそうで、好きが高じて仏像を立体で製作しはじめたそうです。
その時は、紙粘土を使い形を作ったそうです。

その後、秩父の木彫屋さんで木彫りを習い、定期的に東京のギャラリーで開催される
前川秀樹さんのワークショップに参加を重ね、自分で適当に切られた木を選び、
独創的な作品を製作する一方で、
画(ゴッホの自画像など)の中の人物を起し、出来るだけ忠実に色をつける作品も製作されています。




maezawa3.jpg




道具。

maezawa 10



maezawa4.jpg



実際に製作途中の作品を彫って頂きました。

maezawa2.jpg


10月にどんな作品が登場するのか…いまからその日が待ち遠しいのでした。


maezawa9.jpg



帰りには、うめだ屋さんへ寄ってみました。

うめだ屋さんには、ホクト59の愛でるモノ展のフライヤー設置にもご協力をいただいています。ご協力ありがとうございます。


maezawa5.jpg



時は少々遡り、長瀞へ向う朝に戻ります。
代々木で搬入と取付を終えた翌朝、近くにあるという、人気のパン屋さんへ行きました。

365日さん。

佇まいからして素敵店。
テンションが…高まる。。。

ずらっと並んだパンが、買って買ってと、誘ってきます。

365日3


朝からカウンター席は女子達でいっぱい。

お客様の顔を写さないという約束で、写真をとらせていただきました。



365日2

次もまた絶対行こうと心に決めて、代々木から日本橋へ向い、取り扱いが始まったgungendoコレド室町店に立寄ります。
こっそり…と思ったのですが、スタッフの方にお会いする事は無いんだよね…と二人で話、
一度出た店に舞い戻って、改めてご挨拶と疑問点などないかなど、少しお話をしてから東京を出発したのでした。


…そうして、長瀞の前沢さんの工房からうめだ屋さんに到着したのが、閉店ギリギリの17時過ぎ。


食事を終えてくつろいでいるお客様がお座敷にいらっしゃいました。

僅かに残っていた、おぼろとうふを手みやげに、店主さんとお話をしていると、
視線を感じ…???

店も閉まる時間でしたので、帰ろうとしたその時、
お座敷にいたお客様に声をかけられたのでした。

「今朝、365日に来ましたよね?」

「…なんで???知ってるんですか???…」

びっくり…なんと、365日で朝食をとっていたそうです!

私たちが代々木の365日に言ったのは、午前10:00。
その7時間後、同じお店に居合わせたお客様と、長瀞で再会するという、不思議な事が起こったのでした〜。

こんなことってあるんだねーと、なんだか不思議な偶然に、意味も無く、嬉しくなってしまいました。


IMG_4229.jpg


やっと、一息。

IMG_4237.jpg

気がつくと、今月はあと半分…。
いろいろあるけど…
とりあえず、それは気にせず、お疲れさま会◎。


前沢さん、ありがとうございました。


==================================================


ホクト59の愛でるモノ展:2014.10.4〜10.12
会場:おかって市場(富岡市役所向い。)
同時開催:5日 秋のパン祭り。/ 12日 つきいちマルシェ



==================================================

今後の予定

9/13(土)〜15(祝):第16回創造の森 上野村フェスティバル
10/4(土)〜12(日):ホクト59の愛でるモノ展
10/18(土):川口暮らふと





個展 コメント:- トラックバック:0

ホクト59の愛でるモノ展 取材日誌 vo.2 戸田文浩さん 所沢(埼玉)

2014/08/16(Sat) 08:30
toda1.jpg




少し時間が空いてしまいましたが、2014.8.11の午前中、代々木へ納品へ向う日、ホクト59の愛でるモノ展に参加して下さる、戸田さんのアトリエへ行ってきました。


toda2.jpg




戸田さんは、サラリーマンを経て、陶芸と出会い、その後岐阜で研鑽を積み、独立。

岐阜時代には、美濃焼を中心に、抹茶碗を製作されていたそうです。
そして、その作品を手にし、東京のギャラリー巡りをされたとか…。

そこで、ギャラリーの方々とのやり取りで、
自分の作品のあり方とは?自分らしさとは?を考える事になり、
創るモノが変わっていきます。

白磁を経て、現在の粉引(李氏朝鮮から日本に伝わった陶器のこと。粉吹(こふき)ともいう。由来は「粉を引いた(吹いた)ように白い」といわれたことから。当時、磁器に対しての憧憬から生まれた。褐色の素地の上に白化粧土を施したものである。日本では主に酒器や茶碗で高い評価、名品が生まれている。ウィキペディアより引用)
となったそうです。

IMG_4085.jpg


陶器は、まあるいモノの方が作りやすく、直線の方が難しいそうです。
木工と真逆ですね。




私が持っている急須もありました。

toda3.jpg


戸田さんのこだわりは、テクスチャー。
手触りや質感を大切にされているそうです。
以前は、土を独自に配合する事にハマっていたそうです。
現在は、釉薬が面白いという話で、こちらを見せて頂きました。

IMG_4081.jpg

同じ釉薬でも、土や、焼き方(温度、時間)によって結果が異なるとか。
深いです。

今回、展示頂くのは、私たちも愛用している、粉引の作品となります。
どんなモノが届くのか…当日までのお楽しみ。。。ワクワク。


toda8.jpg


終盤は、カメラの話で大盛り上がりしていました。
カメラ素人で、センスも乏しく苦戦していたのですが、
戸田さんは、写真に凝った時期があったそう。。。

何事も、経験しておくものだなーと、めんどくさがりヤの自分を省みるのでした。

戸田さん、ありがとうございました。


toda4.jpg



時間は正午をすぎ、戸田さんオススメ、武蔵野うどん「小島屋」さんへ。

「なんか、いい雰囲気の建物だね…」と車内で話していたら、そこでした。

toda6.jpg


肉汁うどん。と、かき揚げ。

toda9.jpg


おばちゃん、ごちそうさまでした!

IMG_4108_20140816085144389.jpg

//////////////////////////////////////////////////

戸田さんの作品はこちらでご覧下さい。
戸田文浩さんHP→

==================================================


ホクト59の愛でるモノ展:2014.10.4〜10.12
会場:おかって市場(富岡市役所向い。)
同時開催:5日 秋のパン祭り。/ 12日 つきいちマルシェ



==================================================

今後の予定

9/13(土)〜15(祝):第16回創造の森 上野村フェスティバル
10/4(土)〜12(日):ホクト59の愛でるモノ展
10/18(土):川口暮らふと



個展 コメント:- トラックバック:0

「君とホクトyotaccoと もう1回」ありがとうございました。

2014/03/18(Tue) 19:35
ご報告が遅くなりました。

「君とホクトyotaccoと もう1回」の抽選結果がでました。
ご来店下さったみなさまありがとうございました。


yotacco賞、ホクト59賞ともに、当たり券をお持ちのお客様からご連絡をいただけました。
ご当選おめでとうございます。


先週の水曜日より、cafe yotaccoにてホクト59のmoguカップ、コーヒーメジャー、マドラーの取り扱いがはじまりました。
※マドラーは欠品中です。


展示に使用しているショーケースは、yotaccoみほさんがホクト59のために用意してくれました。
みほさん、ありがとう。とっても素敵なケースに入れて頂いて幸せです。


yotaccoへお越しの際は、ぜひ手に取ってご覧下さい。



yotacco取り扱い


個展 コメント:0 トラックバック:0

日曜日のこと。

2013/05/28(Tue) 20:09
日曜日。

今日の天気からは想像付かないくらい、、、暑かった。



午前中、前橋へ。


去年から楽しみにしていました。
大和美術工芸さんの親子個展、「感情想創」。


まずは、父、弘尚さんの作品。




IMG_0160.jpg




IMG_0155_20130528190724.jpg





IMG_0153.jpg




IMG_0154_20130528190725.jpg



IMG_0151_20130528190725.jpg




煤竹(すすだけ)の結界↑。

煤竹…古い藁葺き屋根民家の屋根裏や天井からとれる竹のこと。
   100年から200年以上という永い年月をかけ、囲炉裏の煙で燻されて
   自然についた独特の茶褐色や飴色に変色しているのが特徴。
   煙が直接当たっている部分は色濃く変色しているが、
   縄などが巻かれて直接煙が当たらなかった部分は
   変色が薄く、ゆえに1本の竹に濃淡が出て美しい表情をもつ。
   昨今は煤竹そのものの数が希少傾向にあり、
   価格は1本で数十万円以上することも普通である。
   
竹の中まで煤が染みるのは、100年では無理という。
100年から120年、150年、200年と、年月を経て、
じっくりと染みた煤の色はなんとも言えない美しさ。


実際の家屋で使われていた竹の煤竹だからこその、ムラ。
濃い淡いのコントラストが、何とも言えない雰囲気を醸し出していました。



結界…茶道用語。道具畳の向こうに客畳のある広間などで、
   その仕切りに置くもの。結界の語は、仏教から来たもので、Simabandhaの訳語とされる。
   sima(シーマー)は境界で、やくざの世界で使う「シマ」(縄張り)の語源とされ、
   bandha(バンダー)は錠・封の意で、『十誦律』に「僧一布薩共住。隨共住幾許結界内」
   とあるように、同じ会に属し共同の生活をする僧の住まう地域を区画すること。


美しい煤竹と弘尚さんの丁寧な仕事が生み出した作品です。
私たちがこの世に生まれるずっとずっと前の時代を知る煤竹。
次元の結界でもあるのかなーと。
まるで、結界の向こうは、はるか昔の時間を彷彿とさせるようで、魅せられてしまいました。



IMG_0156.jpg






続いて、息子、和也さんの作品。


版画。

IMG_0157.jpg



書。

IMG_0148.jpg



壁一面に、イラスト落書き。(かなりの枚数が飾られています。)

好きな作品に、お花(もしくは、チョウチョ)を貼って下さい。と、折り紙で作られた、小さなお花が用意されています。みんさんもお気に入りに、お花を咲かせてきてください。

じっくり一枚、一枚拝見していたら、あっという間に2時間が過ぎていました。
みなさん、時間に余裕を持ってお出掛けする事をオススメします。


IMG_0149.jpg






IMG_0159.jpg



お気に入り。


IMG_0158.jpg


こちらは、非売品ですが、和也さんの技のすごさは、ここにアリ。
という事で、載せます。
平面を立体で表現する。しかも、綿密に。正確に。美しく。
これぞ、和也さん。と個人的に思っています。(あんまり書くと怒られるのでココまで。。)

IMG_0150.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前橋へ行ったので、こちらでお昼。


はじめてのTombo Bakery.



IMG_0164.jpg





IMG_0161.jpg


落ち着く、優しい空間にホッと一息できました。

IMG_0163.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最後にこちらへ。

終了30分前に到着。




IMG_0176.jpg



もうないだろうな…と諦めていたら、最後のワンセットが…(神様!!!!)
もちろん、美味しくいただきました。


IMG_0169_20130528194049.jpg




小箱さん。

IMG_0178_20130528194047.jpg





so-yaさん。



IMG_0180.jpg



ちゃんと、「仕事」の打ち合わせもしました。
これが目的のようで…、これが口実のようでもありました…。


IMG_0177_20130528194048.jpg



いつもいろはチェックしてくださる、お客様がいらしたよ〜と、so-yaさん。
Yさま。getありがとうございます。
食べ盛りのご家族仲良く召し上がっていただけると嬉しいです。



暖かな日曜日のお話でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宮川さんの個展は、6月2日まで開催されます。くわしくは、こちらをチェック→



















個展 コメント:0 トラックバック:0
Next Home  Prev

検索

カテゴリ

リンク

問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

スケジュール

      

Author: